ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

5.他の病気との関係

変形性関節症と似た症状が出る病気に
関節リウマチや閉塞性動脈硬化症があります。

関節リウマチ

変形性関節症と同じように、関節に痛みや腫れが起こります。症状は似ていますが、限られた関節に症状が出る変形性関節症とは違い、関節リウマチは全身の病気であるため、発熱や貧血などが起こることもあります。
関節リウマチが原因となって、変形性関節症が引き起こされる場合もあります。

閉塞性動脈硬化症

変形性脊椎症では、背骨の中を通っている神経が圧迫され、歩きにくくなることがありますが、似た症状が「閉塞性動脈硬化症」でもみられます。
閉塞性動脈硬化症とは、足の動脈に動脈硬化が起こり、血流が悪くなったり、血管がつまったりする病気です。足に十分な血液が送られなくなるため、痛みやしびれが起こり、少し歩くと、それ以上、歩き続けられなくなること(間歇性跛行:かんけつせいはこう)などが起こります。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報