ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

4.なぜ治療が必要か

早くから適切な治療に取り組めば、
関節の変形を最小限に抑え、生活の質を保っていくことができます。

変形性関節症ですり減った軟骨や変形してしまった関節を、治療によって完全に元通りにすることはできません。しかし、早めに病院・診療所で正確な診断を受けて、適切な治療に取り組めば、痛みや腫れなどのつらい症状を軽くし、変形性関節症の進行を最小限に抑えることができます。
「関節の痛みは、老化によって起こっているので治療しても良くならない」「がまんできないほどの症状ではない」などと考え、変形性関節症を治療せずにいると、やがて関節の変形がひどくなり、長い距離が歩けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたすこともあります。
現在と将来の生活の質を保っていくために、少しでも関節に異常を感じた時には、早めに整形外科などを受診し、症状に応じた治療を受けましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報