ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

1.どんな病気?

関節の軟骨がすり減ったりして、痛みや腫れが起こり、
それが続くと関節の変形をきたす病気です。

2.なぜ起こる?

さまざまな原因で軟骨がすり減ったりして、
骨への衝撃を吸収できなくなり、骨の変形が起こります。

3.検査・症状の意味

変形性関節症の治療には、まず正確な診断が必要です。病院・診療所で必要な検査を受けたり、医師にきちんと症状を伝えることが大切です。

4.なぜ治療が必要か

早くから適切な治療に取り組めば、
関節の変形を最小限に抑え、生活の質を保っていくことができます。

5.他の病気との関係

変形性関節症と似た症状が出る病気に
関節リウマチや閉塞性動脈硬化症があります。

6.治療の種類

薬物療法で痛みや腫れをやわらげながら、
運動療法で関節の周りの筋肉を鍛えます。
病気の程度によっては手術を行うこともあります。

7.薬はどのように働くか

痛みや腫れなどの症状をやわらげる飲み薬や、炎症を抑える注射などが使われます。

8.生活の中で心がけること

適度な運動をしたり、患部を温めたりすることで
関節の動きを助け、病気の進行を遅らせることができます。

9.治療の継続と終わり

関節の良い状態を保ち、快適な生活を送るためにも、
適切な治療を続けることが大切です。

11.患者さんのご家族の方へ

患者さんご本人が家に引きこもらないように気を配りましょう。
早めの受診を促し、転倒を防ぐ住まいづくりを行いましょう。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報