ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

睡眠薬の副作用

現在、主に使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン関連物質といい、以前よく使われた睡眠薬(バルビツール酸系)に比べて安全性の高いものですが、次の副作用が起こることがあります。

持ち越し作用

薬を飲んだ翌日まで効き目が残ることがあります。朝起きたあと、ボーっとしたりふらふらしたり、集中力や注意力がなくなったり、眠気や脱力、頭痛、倦怠感などを感じたりすることがあります。効き目(催眠作用)の長い睡眠薬を飲んだ場合に起こりやすいので、この症状があった場合、医師は薬の量を調整したり、催眠作用の短い薬に変えたりして対処します。

健忘(けんぼう)

薬を飲んで寝るまでの間、あるいは、薬を飲んで眠ってすぐ起こされたような時、薬が効いている間に起こった出来事を覚えていないことがあります。薬を飲んだあとはできるだけ早く床に入るようにし、家事などの作業はしないようにしましょう。とくにアルコールと一緒に睡眠薬を飲むと起こりやすい現象ですので、アルコールと睡眠薬は絶対に一緒に飲んではいけません。

ふらつき・転倒

睡眠薬が効いている場合、夜、トイレに起きた時などに、身体に力が入らず、脱力してふらつくことがあります。理由は、一部の睡眠薬には、催眠作用の他に筋肉の緊張をほぐす効果(筋弛緩作用)もあるからです。転倒して怪我や骨折をする危険性もあるので、とくにお年寄りでは注意が必要です。最近は、筋弛緩作用の少ない睡眠薬もありますので、ふらつきを感じたら医師に相談してください。この作用もアルコールと一緒に飲むと現れやすい副作用です(アルコールと睡眠薬は絶対に一緒に飲んではいけません)。

反跳性不眠・退薬症候

睡眠薬をしばらく飲んでいて、突然飲むのをやめた場合などに、かえって眠れなくなることがあります。これを「反跳性不眠」と呼びます。頭痛・めまい・耳鳴り・しびれ・不安・焦燥などの症状が出ることもあります(退薬症候)。作用時間の短い薬ほど起こりやすいと言われています。そのため、睡眠薬の中止や減量は自己判断で行ってはいけません。医師の指示に従ってください。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報