ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

7.薬の働き

おだやかに作用し自然な眠りに誘うベンゾジアゼピン関連物質の睡眠薬が現在主に使われています。

ベンゾジアゼピン関連物質とは

睡眠薬に対し、「体に悪い」「依存性がある」というイメージを持っている方がいらっしゃいます。確かに、かつて用いられていた「バルビツール酸系」と呼ばれる睡眠薬は、大量に飲むと死に至ることがあったり、飲み続けると量を増やさなくては効かなくなったり(耐性)と、安全性に問題がありました。

しかし現在主に処方されている睡眠薬は「ベンゾジアゼピン関連物質」と呼ばれる新しいタイプのもので、自然な眠気を起こさせる安全性の高い薬剤です。医師の指導に従って適正な飲み方を守れば、上記のような副作用はほとんどありません。

ベンゾジアゼピン関連物質にはたくさんの種類があります。穏やかに眠りに導く効果(催眠作用)の他に、不安を和らげる効果(抗不安作用)、筋肉の緊張をほぐす効果(筋弛緩作用)があり、薬によってそれぞれ力を発揮する効果が異なります。また、消失半減期(血中の薬物濃度が服用した時から最高値の半分になるまでの時間)が短いものと長いものに分類されています。

「不安が強い場合は抗不安作用のあるものを」「肩こりや頭痛などがある場合は筋弛緩作用のあるものを」「転倒が心配されるお年寄りには筋弛緩作用が弱いものを」というように、年齢や症状などに応じて、患者さんひとりひとりに適した薬が処方されます。受診した際は、自分の不眠の症状を詳しく正確に医師に伝えることが大切です。

薬の正しい飲み方

睡眠薬を安全かつ効果的に服用するためには、以下の点に注意します。

  1. 1. 医師または薬剤師の指示通りに服用する
    量を勝手に増やしたり減らしたり、飲むのをやめたりしてはいけません。
  2. 2. 飲んだらすぐに床につく
    自分にとっての就寝時間に合わせて飲み、飲んだら家事などの作業はせず、早めに床につきましょう。無理して起きていると、ふらついたりその間のことが思い出せなくなることがあります。
  3. 3. アルコールと一緒に飲まない
    睡眠薬をお酒と一緒に飲むと、激しい脱力やふらつきが出たり、異常な行動をしたり、記憶が抜けたりすることがあります。危険ですので、絶対に避けてください。
  4. 4. 途中で起きなくてはならない場合は、服用しない
    薬を飲んで眠っている時に起こされると、そのときの記憶が抜けたりすることがあります。原則として、睡眠薬を飲んだら途中では起きないようにしましょう。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報