ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

1.どんな病気?

不眠症とは睡眠障害の一種です。「寝つけない」「夜中によく目が覚める」「熟睡できない」「早朝に目が覚める」などの睡眠トラブルのために、昼間の日常生活に支障をきたす状態が続くことです。

2.不眠症の原因

不眠症の原因としては、不適切な生活習慣、心理的なストレス、薬や嗜好品、体の病気、心の病気などがあります。

3.症状・検査

不眠症の症状には、4つのタイプがあります。
不眠症の検査には、睡眠ポリグラフ、アクチグラフ、睡眠日誌などがあります。

4.なぜ治療が必要か

睡眠は体や心の機能を保つのに重要な働きをしています。

5.他の病気との関係

他の病気が引き金となって、不眠が起こることがあります。
逆に、不眠が引き金となって、他の病気が起こることもあります。

6.治療の種類

不眠を治すためには、不眠の原因となる生活習慣を変えることが大切です。睡眠薬による治療も有効です。

7.薬の働き

おだやかに作用し自然な眠りに誘うベンゾジアゼピン関連物質の睡眠薬が現在主に使われています。

9.治療の継続と終わり

症状が改善するまで治療は継続します。薬を減量するまたは中止する場合は必ず医師の指導のもとで行います。

10.主治医とのやりとり

どんなことでも医師に相談し、二人三脚でよりよい治療を目指しましょう。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報