ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

インフルエンザ

1.「かぜ症候群」とインフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。伝染性が非常に強く重症化しやすいため、普通のかぜとは区別すべき病気です。

2.インフルエンザウイルスの種類

現在までに人の世界で発見されているインフルエンザウイルスには、A、B、Cの3つの型があります。また、インフルエンザウイルスは常に構造に変化が生じています。

3.インフルエンザの流行シーズン

通常日本では、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1〜3月にピークを迎えます。

4.パンデミック(世界的な大流行)の歴史

20世紀に入ってからは、パンデミック(世界的な大流行)が4回起こっています。

5.どうやって広がる?

インフルエンザは強い伝染力を持ち、人から人へくしゃみによる飛沫(ひまつ)の飛散などで感染し、広い範囲で「流行」を引き起こします。

6.インフルエンザの健康被害

インフルエンザは突然の高い熱と、強い全身症状が特徴です。特に高齢者や乳幼児は重症化しやすいので注意が必要です。

8.予防対策2―日常生活での注意

予防の基本は、流行前にインフルエンザワクチンを接種することです。インフルエンザワクチンの接種以外では、「外出後は手洗い、うがいを行う」「人込みを避ける」「咳エチケット(マスクをするなど)」などの対策が重要です。

9.インフルエンザの診断・検査

迅速診断法の登場で、早期の診断が容易になりました。

10.インフルエンザの治療

インフルエンザの治療の基本は、症状を抑えるための対症療法と、抗インフルエンザウイルス薬による治療です。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報