ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

高血圧

慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病とは

「尿たんぱくなどの腎疾患の存在を示す所見がある」または「腎機能低下(糸球体濾過量が60mL/min未満)」が3ヵ月以上続く場合を、慢性腎臓病(CKD)といいます。慢性腎臓病が進行すると腎不全という状態になり、透析や腎移植が必要になることもあります。

近年、この慢性腎臓病の患者さんが増えていることや、慢性腎臓病が腎不全だけでなく、心血管疾患を引き起こす要因となっていることが分かり、その対策が世界的に注目されています。

*腎の排泄機能の目安となる値です。

原因

慢性腎臓病になりやすい要因として、糖尿病、脂質異常症、高血圧、メタボリックシンドローム、肥満、尿路結石、ある種の薬物、喫煙などが知られています。こうした要因を持った方は、これらの病気の治療や生活習慣の改善に努め、慢性腎臓病にならないようにすることが大切です。

慢性腎臓病の治療

慢性腎臓病の治療では、食事療法や運動療法を行い、肥満の解消や禁煙など生活習慣を改善することが大切です。それと同時に、高血圧や糖尿病など、他の病気がある場合には、その治療に取り組むことが必要となります。

慢性腎臓病の治療のためには、糖尿病がある場合または、糖尿病がなくても蛋白尿がある場合には130/80mmHg未満に、糖尿病、蛋白尿のいずれもない場合は140/90mmHgに血圧を下げることが目標となります。この降圧目標を達成するために降圧薬が処方されますが、この場合にはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)を使った薬物治療が勧められています。さらに、糖尿病、蛋白尿ともにない場合には、Ca拮抗薬や利尿薬を使った薬物治療も勧められています。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報