ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

高血圧

5.他の病気との関係

高血圧の合併症には、脳の病気や心臓の病気、腎臓の病気などがあります。

高血圧の患者さんは、動脈硬化によって引き起こされる狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの心臓や脳の病気を合併しやすくなります。なかでも、脳出血は高血圧の患者さんに起こりやすく、その他にも心肥大や腎臓の病気などの合併症も起こります。

動脈硬化による心臓、脳の病気(心筋梗塞、脳梗塞など)

挿絵

高血圧の患者さんでは、動脈硬化が起こりやすくなり、またその進行も早くなります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる合併症が引き起こされることもあります。


脳出血

高血圧が続くと、脳の細い動脈に動脈硬化が起こったり、動脈の一部に動脈瘤というコブができたりします。その部位に、さらに高い血圧がかかり続けると、動脈や動脈瘤が破れて出血が起こることがあります。これが高血圧患者さんに起こりやすい脳出血です。

多くの場合は、何の前触れもなく突然脳出血が起こり、ひどい時には意識を失い、そのまま命を落とすこともあります。また、一命をとりとめた場合でも、体の麻痺や、言語障害などの後遺症が残ることも多い病気です。

心肥大

全身に酸素や栄養を届ける血液は、ポンプとして働く心臓によって全身に送り出されます。さらに、全身を巡った血液は体に不要となった物質などを運びながら、静脈を通って、心臓へと戻ります。

高血圧の状態では、心臓は大きな力で血液を送り出し続けなければならず、心臓の壁の筋肉(心筋)が異常に厚くなってしまう心肥大が引き起こされます。

心肥大がひどくなると、心臓のポンプ機能が低下し、全身に十分な血流を送り出せない状態(心不全)になったり、心臓に十分な血液がいきわたらずに胸痛などが起こる狭心症が引き起こされたりします。
また、心不全になり静脈の血流が悪くなると、体がむくんだりします。肺は、酸素を体の中に取り込み、二酸化炭素を体の外に出す働きをしていますが、心不全によって肺の血流が悪くなると、この働きがうまくできなくなり、息切れ、呼吸困難などの呼吸にかかわる症状が出てきたりします。

腎硬化症

腎臓の毛細血管(糸球体)には、血液中の不要な物質を体の外に出す働きがありますが、高血圧が続くと、糸球体の血流が悪くなり、腎機能が低くなる腎硬化症が引き起こされることがあります。

腎硬化症になると、全身の血液の量が増え、さらに高血圧が進むという悪循環におちいります。さらに腎硬化症が悪くなると、腎不全となり、透析が必要となることもあります。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報