ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

透析

5.代表的な慢性腎臓病

代表的な慢性腎臓病には、以下のようなものがあります。

慢性糸球体腎炎

一般に「腎炎」と呼ばれるものは、正しくは「糸球体腎炎」といいます。糸球体に炎症が起きて、腎臓のろ過機能が低下する病気で、急性と慢性があります。
急性の場合、多くは治療によって腎臓の機能が元に戻ります。
一方、慢性の場合、腎臓の機能が元に戻ることはありません。原因は免疫の異常と考えられています。初期には症状がほとんどなく、大半は尿検査で発見されます。

糖尿病性腎症

糖尿病で血液の中のブドウ糖が過剰な状態が続くと、血管の壁は厚く固くなり、血管がもろくなって血液が流れにくくなります。特に細い血管が障害を受けやすいため、毛細血管である糸球体は障害を受けやすいと言えます。糸球体のろ過機能をはじめとする腎臓のさまざまな働きに異常が出て、腎臓の働きがどんどん低下していきます。初期の自覚症状はほとんどないので、尿検査でチェックする必要があります。

腎硬化症

高血圧も、糖尿病と同様に血管をもろくします。特に動脈硬化を進行させるので、腎臓に血液を運ぶ動脈にも障害が起きます。血液量は少なくなり、腎臓は硬く小さくなり、機能も低下していきます。良性と悪性があり、良性はほとんど症状がありません。一方、悪性は、重い高血圧、視力障害、頭痛、吐き気、意識障害などの症状があらわれ、一刻も早い治療が必要になります。

多発性嚢胞腎

腎臓に嚢胞という、液体の入った袋状のものが出来て増えていきます。年齢とともに腫れて大きくなるため、腎臓の働きが徐々に低下していきます。遺伝性の病気です。嚢胞が大きくなると、腹部膨満感や鈍痛などの症状が出ます。

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは、尿たんぱくが出ること等により引き起こされる症状の集まりのことです。主な症状として「足や顔、腕のむくみ」「体重増加」「尿が泡立つ」があります。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報