ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

透析

2.腎臓の働き

腎臓は、体内の老廃物を尿として体外に排出するとともに、生命を維持するために必要なさまざまな成分のバランスを調整し、体内環境を整えるという重要な役割を担っています。

腎臓の仕組み

腎臓(図中A)は、そら豆のような形をしたにぎりこぶし大の臓器です。おへその少し上あたりの背中側に左右一個ずつあります。そら豆のくぼんだところは空洞になっていて、血管腎動脈(図中B)・腎静脈(図中C))や尿管(図中D)がつながっています。心臓から出た血液の一部は腎動脈を通って腎臓の中に運ばれ、ろ過されたあと、腎静脈を経て心臓へ戻ります。ろ過された老廃物や余分な成分は尿となり、腎盂(じんう:図中E)というじょうごのような器官で受け止められて尿管に入り、膀胱(図中F)へ運ばれます。

腎臓と周囲の臓器

腎臓と周囲の臓器 拡大する

腎臓の内側は、表面に近い「皮質(図中G)」と内側の「髄質(図中H)」の2層の構造になっています。入ってきた血液はまず皮質に運ばれ、ろ過されます。ろ過された液体は、尿細管という管で運ばれながら髄質の中で尿になっていき、腎盂へ運ばれます。

腎臓の働き

老廃物を体外に排出する

挿絵体内では、栄養成分の燃えかすや、古くなった細胞成分のかすなどの老廃物が発生します。腎臓は、この老廃物を全身を巡りながら回収してきた血液を、ろ過し、きれいにして心臓へ戻します。また、不要となった老廃物を尿として体外へ出します。

体内の水分や電解質(ミネラル)を調節する

体内の水分には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質(ミネラル)と呼ばれる物質が一定の濃度で含まれており、生命活動の上で大切な働きをしています。腎臓は、尿の量や成分の濃度を調節し、体内の水分量や電解質濃度を一定に保つ働きをしています。

体内のpH(ピーエイチ/ペーハー)を調節する

人間の体は中性〜弱アルカリ性に保たれていなくてはなりません。腎臓は、血液の中の酸を排出したり、重炭酸イオンを取り込んだりすることで、pHの調節を行っています。

血圧を調節する

腎臓は、体内の水分や電解質(ミネラル)の調節を行うとともに、血圧を上げたり下げたりする働きをする物質(レニン、カリクレイン、キニン、プロスタグランジンなど)を分泌することで、血圧のコントロールを行っています。

赤血球を作る

腎臓は、エリスロポエチンという赤血球の産生を促すホルモンを分泌しています。血液中の赤血球が減り、貧血状態になっているのを感知すると、造血ホルモンのエリスロポエチンを分泌して、赤血球を増やします。

活性型ビタミンDを作る

食物として摂取したカルシウムが、腸で吸収されるのを助けるのが、ビタミンDです。ただし、ビタミンDは活性化しないとその能力を発揮できません。腎臓は、このビタミンDを活性化させる働きを持ち、カルシウムの吸収を促し、骨を丈夫に保つという大切な役割を果たしています。

尿が作られる仕組み

腎臓に血液を運び入れた腎動脈は、腎臓の中で細かく枝分かれして毛細血管となり、皮質の部分で毛糸玉のような塊の「糸球体(図中A)」になります。糸球体の膜はフィルターの一種で、たんぱく質や血球などの分子の大きな成分は通さず、水分や分子の小さな成分を通すようになっています。ここで老廃物や分子の小さな物質がろ過されて糸球体の外にろ過されます。ろ過された液体にはまだ体に有用な栄養分もたくさん含まれていて、「原尿」と呼ばれます(図中B)。原尿は、糸球体を袋のように包み込んでいるボーマン嚢(のう)(図中C)から、尿細管(図中D)という管に入ります(図中①)。一方、血液は、糸球体を出て腎静脈へ向かう途中で、尿細管の中を流れる原尿の水分や栄養分をもう一度吸収し、血液の中に戻します(再吸収:図中②)。原尿は水分の99%と栄養分の大半を再吸収され、尿になって腎盂へ運ばれます。

この、糸球体・ボーマン嚢・尿細管という尿を作る基本単位を「ネフロン(図中③)」と呼びますが、一つの腎臓にはネフロンが約100万個あると言われています。ネフロンで作られた尿は、一つの腎臓に十数個ある腎杯に集められ、腎盂へ運ばれます。

尿が作られるまで

尿が作られるまで 拡大する

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報