ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

糖尿病

インスリン抵抗性

インスリン抵抗性と血糖値

インスリン抵抗性とは、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなった状態のことをいいます。インスリン抵抗性があると、食事で高くなった血糖値を感知して、すい臓からインスリンが分泌されても、筋肉や肝臓が血液中のブドウ糖を取り込まないため、血糖値が下がらず、糖尿病の発病につながります。

原因

このような状態が起こるのは、インスリンの働きを妨げる物質が体内で増え、インスリンが筋肉や肝臓の細胞に信号を伝える仕組みが働かなくなるためです。

インスリン抵抗性は、肥満(とくに内臓肥満)、高血圧、高トリグリセライド血症(脂肪の一種であるトリグリセライド〔中性脂肪〕が高くなる病気)、低HDLコレステロール血症(善玉コレステロールが少なくなる病気)の方に多くみられることから、インスリン抵抗性は、血糖値だけでなく血圧やコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)の代謝にも影響すると考えられています。肥満やこれらの病気をあわせ持った状態はメタボリック・シンドロームと呼ばれ、インスリン抵抗性によりさまざまな異常が同時に起きてきます。

糖尿病とインスリン抵抗性

2型糖尿病の発病には、インスリン抵抗性が深く関係しています。

インスリン抵抗性の治療

食事療法や運動療法で肥満を解消すると、インスリン抵抗性も良くなります。運動療法はこれ以外に、筋肉の血流を増やすことや筋肉量を増やすことでもインスリン抵抗性を改善します。

薬では、ビグアナイド薬インスリン抵抗性改善薬がインスリン抵抗性を改善することを目的として、糖尿病の治療に使われます。

インスリン抵抗性と血糖値

インスリン抵抗性と血糖値の図 拡大する

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報