ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

糖尿病

5.他の病気との関係

糖尿病の合併症には、糖尿病に特有な3大合併症と心筋梗塞、脳卒中などがあります。

血糖値が高い状態が続くと、さまざまな合併症が起こります。このうち糖尿病に特有な合併症として3大合併症といわれる「網膜症」「腎症」「神経障害」があり、また糖尿病と関係が深い合併症として動脈硬化によって起こる心筋梗塞、脳卒中などの病気があります。

これらの合併症は、糖尿病の治療がきちんとできていれば予防できることが分かっており、また、仮に合併症になっても早く発見し治療すれば進行を遅らせることができます。

3大合併症

網膜症(慢性期の合併症)

血糖値が高いことによって、目の網膜(もうまく:眼球の後ろにある光を感じる部分)に栄養を送っている細い血管の流れが悪くなったり詰まったりすることで、出血が起こったり、血管からしみ出たタンパク質や脂肪が網膜に沈着したりする病気です。進行すると、失明につながることもあります。初めのうちは症状がほとんどないため、気づかないうちに進んでいることがあります。糖尿病と診断された時、そしてその後も、必ず定期的に眼科で検診を受けることが大切です。

網膜症

網膜症の図 拡大する

腎症(慢性期の合併症)

血糖値が高い状態が続くことで、血液中の老廃物を尿として体の外に出す働きを持つ腎臓の細い血管(糸球体)の流れが悪くなり、腎臓の機能が落ちてしまう病気です。症状を感じることはほとんどなく、初めのうちは尿にタンパクが時々出る程度ですが、そのまま放っておくと常にタンパク尿となり、やがて腎臓がほとんど働かなくなる腎不全となって人工透析が必要となります。

神経障害(慢性期の合併症)

血糖値が高い状態が続くことで、さまざまな神経線維に障害が起こる合併症です。痛みなどを伝える神経が障害されると手足の感覚がにぶくなったり、じんじん・ピリピリしたり、しびれたりします。痛みが出ることもあります。

臓器の働きを調節している自律神経が障害されると、胃のもたれや下痢、便秘、膀胱の異常(尿が出にくい・尿が残る感じなど)、勃起障害(ED)などが現れます。

その他の合併症

動脈硬化による病気(心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患など)
(慢性期の合併症)

挿絵 糖尿病は、動脈硬化を進め、心筋梗塞、脳梗塞など動脈硬化によって起こる病気の危険性を高めます。高血圧、脂質異常症や肥満、喫煙など、動脈硬化を進める他の要因をあわせ持っている方は、とくに注意しなくてはなりません。
糖尿病がある場合には足病変にも注意しましょう。特に、糖尿病による神経障害のために手足の指先の感覚が鈍くなり、気づかないうちにやけどや怪我をしてしまうことや、さらにその傷に気づかないまま、患部が化膿し重い感染症を起こしたり、組織が死んで、その部分を切らなくてはならなくなる壊疽(えそ)になることです。気になる症状が現れたら、すぐに医師に報告するようにしましょう。

歯周病(慢性期の合併症)

歯周病も糖尿病の合併症のひとつです。糖尿病の人では糖尿病でない人と比べ、歯周病にかかる頻度が高く、進行も促進されます。歯周病を未治療のままにして重症化すると、血糖コントロールに悪い影響が出ます。

認知症など(慢性期の合併症)

高齢の糖尿病患者さんが認知症を起こすリスクは糖尿病でない方と比べて2〜4倍といわれています。認知症は血糖コントロールを悪化させます。また、不眠(寝つけない、夜中に目が覚めてその後眠れない、朝早く目が覚めるなど)は糖尿病の患者さんにしばしばみられます。不眠は血糖コントロールを悪くすることがあるため、不眠が続く時は主治医と相談しましょう。また、糖尿病の患者さんは、うつ状態になる頻度が高いことも分かっていますが、うつ状態になると糖尿病治療に対する意欲がなくなり、血糖コントロールにも悪い影響があります。ゆううつ感、それまで興味・関心があったことに興味がなくなった、気力がわかない、食欲がないなどの症状が2週間以上続くようであれば主治医と相談するようにしてください。

高血糖による合併症(急性合併症)

主に1型糖尿病の方で血糖値が非常に高くなった時に起こる合併症として糖尿病ケトアシドーシス(ケトン性昏睡:けとんせいこんすい)や、ケトン体があまり作られない高血糖高浸透圧症候群(こうけっとうこうしんとうあつしょうこうぐん)があります。ただちに治療が必要なため、ふだんから症状や対処方法などを医師とよく相談しておきましょう。

感染症(急性合併症)

糖尿病の治療がうまくいっていないと、肺炎、膀胱炎、皮膚炎、歯肉炎などの感染症が起こりやすくなります。またこうした感染症が起こると、急に血糖のコントロールが悪くなることがあります。風邪をひかない・悪化させない、トイレをがまんしない、きちんと歯磨きをするなど、ふだんから注意してください。また、発熱や排尿の時の痛み、皮膚や歯ぐきの腫れ、化膿などがみられた時は早めに受診してください。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報