ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

糖尿病

体の中の糖の動き

糖尿病がなぜ起こるかを理解するために、まず体の中でブドウ糖がどのように動き、どのように調節されているかをみてみましょう。

ブドウ糖は人にとって最も大切なエネルギーのひとつです。ブドウ糖は果物などにそのものの形で含まれたり、いくつかが結びついて、米やパンなどに含まれるデンプン、砂糖などを作ったりしています。

デンプンや砂糖は、小腸でブドウ糖に分解・吸収され血液の中に入り、筋肉や脳でエネルギーとして使われています。エネルギーとして使われずに余ったブドウ糖は、脂肪組織で脂肪として、また肝臓でグリコーゲンとして蓄えられます。エネルギーが必要な時には、グリコーゲンや脂肪からブドウ糖が作られて利用されます。

体内での糖の動き

体内での糖の動きの図 拡大する

インスリンの作用

体の中のブドウ糖の量は、食事をすれば増え、体を動かしてエネルギーとして消費されれば減りますが、ブドウ糖は体にとって大切な成分であるため、その血液中の濃度(血糖値)が大きく変化しないようにする仕組みが働いています。

その主役のひとつとして、血糖値が高くなりすぎないために働いているのがインスリンです。

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島というところで作られるホルモンで、食事をして血糖値が高くなれば、すい臓から分泌され、ブドウ糖が、グリコーゲンや脂肪として、肝臓や脂肪組織に蓄えられるように指令を出します。血糖値が低くなれば、分泌される量も減ります。

食事をして血糖が上がったことを感知すると、すい臓からインスリンが分泌され、肝臓や脂肪組織ではブドウ糖からグリコーゲンや脂肪が作られるように、筋肉や脳ではブドウ糖を取り込むように働いて、血糖が上がり過ぎないようにします。

インスリンの働き

インスリンの働きの図 拡大する

1型糖尿病におけるインスリンと血糖

1型糖尿病の患者さんでは、すい臓がインスリンを全く(またはごくわずかしか)作れなくなっているため、食事をとって血糖値が上がっても、それを抑えることができず、血糖値は非常に高くなります。また正常な状態ではインスリンは空腹時にも少しずつ分泌されていますが、その分泌もなくなるため、夜中や朝食前の血糖値も高くなります。典型的な1型糖尿病では、短い期間でインスリンが作れない状態になり、急激に発病します。

2型糖尿病におけるインスリンと血糖

日本人の2型糖尿病の患者さんの多くは、糖尿病になる前から、食事に反応してすばやくインスリンが分泌されないか、そのインスリン分泌量が少ないという体質を持っています。こうした状態に、食べ過ぎや運動不足、肥満などが加わると、肝臓や筋肉のインスリンに対する反応が悪くなります。もともとインスリンが少ないうえに、インスリンの効きも悪くなるので、まず食後の血糖値が高くなります。

こうして血糖値が高くなると、すい臓が能力いっぱいまでインスリンを分泌しようとして、やがて疲れ果ててインスリンを作る量が減っていき、ついには常にインスリンが不足した状態になり食事と食事の間(空腹時)の血糖値も高くなります。

もともとインスリン分泌量が多い体質の方でも、極端な肥満によって肝臓や筋肉のインスリンに対する反応が非常に悪くなり、血糖が上昇します。糖質(炭水化物)を大量にとり続けると、すい臓がインスリンを作り続け、肥満が助長されます。

血糖値とインスリン分泌量の関係

血糖値とインスリン分泌量の関係の図 拡大する

遺伝的な素因と生活習慣

挿絵2型糖尿病の患者さんでは、血のつながった家族にも糖尿病を患っている方が多いことや、親が糖尿病の方の場合は、そうでない方より糖尿病になる割合が高いことが分かっています。2型糖尿病になりやすい体質は遺伝することが分かっていますが、どのような遺伝子が関係するかなど、はっきりしたことは分かっていません。

挿絵ただ、2型糖尿病の場合、糖尿病そのものが遺伝するのではなく、糖尿病になりやすい体質が遺伝するのです。たとえば、インスリン分泌が少なければ、必ず糖尿病になるわけではありません。こうした体質を持った方が、食べ過ぎや運動不足、肥満、ストレスなど、悪い生活習慣の問題にさらされると糖尿病になるのです。糖尿病が、生活習慣病のひとつに挙げられているのはそのためです。

1型糖尿病も遺伝因子はかかわっていますが、生活習慣とはあまり関係なく発病すると考えられています。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報