ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

うつ病

改善がみられても焦らずに

挿絵うつ病は、きちんと治療を受ければ治る病気です。
通常、3ヵ月から半年くらいである程度良くなりますが、再び悪くなるのを防ぐため、通常の生活に戻ってからも半年〜1年くらい治療を続けることが多いです。その間も症状は一進一退しますが、焦ってはいけません。焦って仕事を始めてしまったり、治療を勝手にやめてしまうと、かえってこじらせて長引くことになりかねません。治ると信じて、根気よく治療を続けましょう。
通院で治療を行うときも、医師の指示に従って、必要ならば仕事をできるだけ休み、薬をきちんと飲んで、診察日には必ず病院・診療所へ行くようにしましょう。

薬は正しく飲み続けましょう

挿絵医師は患者さんの症状を見ながら、その人に最も合う薬と量を見極めて処方します。自分の判断で勝手に「調子が良くなったから」と薬を飲まなかったり量を減らしたりしてはいけません。医師が正しい判断ができなくなりますますので、医師の指示はきちんと守りましょう。副作用など気になることがあったら、すぐに相談しましょう。
また、抗うつ薬には飲み合わせの悪いものもあります。他の薬をすでに飲んでいる場合や飲む場合は、まずは医師や薬剤師に相談しましょう。市販薬やサプリメントを試したいと思った場合も同様に、まずは医師や薬剤師に相談するのが良いでしょう。

再発を防ぐための薬の継続も大切です

抗うつ薬は、脳の状態を安定させ、また再発を防ぐために、通常の生活に戻ってからも半年〜1年くらい飲み続けることがあります。勝手に服用を中止すると、症状が逆戻りすることもありますので、医師の指示があるまではきちんと飲み続けましょう。

家族や仲間を頼りにしましょう

治療をスムーズに進めるためには、家族や職場の上司・同僚、学校の仲間に協力してもらう必要がありますので、よく相談しましょう。「自分は病気だから休む」と考え、「休んだら迷惑をかけてしまう」と考えないようにしましょう。これまでの自分を変えて、自分でやらず、他の人にお願いする、任せるという考え方を持つように心がけましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報