ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

うつ病

1.どんな病気?

強い「憂うつな気分」とともに、意欲が出ない、考えがまとまらない、眠れない、疲れやすいといった精神や体の症状が長く続いて、日常生活に支障をきたす病気です。

「うつ病」とは

人は誰でも、生活の中のさまざまなできごとをきっかけに、気持ちが落ち込んだり憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、このような気持ちの落ち込みや憂うつな気分は、原因が解決したり、あるいは解決しなくても、気分転換をしたり、時間が過ぎることで、自然に回復します。
ところが、原因が解決しても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続いてふだん通りの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になるのが、うつ病です。
うつ病には、気持ちの落ち込み、憂うつな気分など「抑うつ気分」と呼ばれる症状とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないなど、うつ病に特徴的な心の症状(精神症状)がみられます。また、多くの方に、眠れない、疲れやすいといった体の症状(身体症状)がみられます。
うつ病は、脳の中の神経の伝達がうまくいかなくなるなどの機能の異常によって起きる病気であり、「気の持ちよう」や「心の弱さ」などで起こるものではありません。きちんと医師の診察を受け、適切な治療を受ければ治すことができる病気です。

うつ病のタイプ

うつ病は、気分障害※のひとつです。

※気分障害とは、気分のコントロールができず、日常生活に支障をきたす病気の総称です。

気分障害は大きく2つに分かれ、うつ状態だけが続く「うつ病性障害」と、躁(そう)状態とうつ状態をくり返す「双極性(そうきょくせい)障害」があります。それぞれに治療法が違うので、区別して考えます。
うつ病性障害は、症状の程度や、症状が持続する期間によって(1)大うつ病性障害と(2)気分変調性障害に分けられます。大うつ病性障害は、一般にうつ病と呼ばれているもので、気分障害の中で最も多くみられます。気分変調性障害は、抑うつ症状は軽いものの、これが長く続くタイプです。
双極性障害は、一般に「躁うつ病」と呼ばれています。抑うつ状態と、気分が異常に明るくなり、活発に活動する躁状態を繰り返すものです。
また、抑うつ状態がありながらも、うつ病に典型的な症状の一部がみられないものは「非定型うつ病」と呼ばれ、近年、若い世代を中心に目立つようになりました。

うつ病患者さんの数と実態

ストレスの多い現代社会で、うつ病は年々増加しています。平成14年に行われた調査によると、日本人の15人に1人が、一生のうちで一度はうつ病にかかるということです。さらに最近では、10代から30代など若い世代を中心に「非定型うつ病」も目立つようになりました。うつ病はもはや珍しい病気ではなく、誰もがかかる可能性のある病気です。しかし、実際に病院・診療所を訪れている人や治療を行っている人はほんの一部といわれています。また、うつ病では身体の症状が同時に出ることが多いため、自分がうつ病であると気づかず、内科など、うつ病を専門とする診療科(精神科、心療内科、神経科、メンタルクリニック)以外の診療科を受診する人が多いという調査結果も出ています。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報