ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

うつ病

1.どんな病気?

強い「憂うつな気分」とともに、意欲が出ない、考えがまとまらない、眠れない、疲れやすいといった精神や体の症状が長く続いて、日常生活に支障をきたす病気です。

2.なぜ起こる?

多くは、うつ病になりやすい性格や体質を持っている人が、何らかのストレスを受けることがきっかけで発病します。

3.検査・症状の意味

うつ病の症状には、精神症状と身体症状があります。うつ病に特徴的な症状が複数認められると、うつ病と診断されます。

4.なぜ治療が必要か

つらい症状を早く治すために、また自殺を防ぐためにも、早めの治療が大切です。

5.他の病気との関係

うつ病を合併しやすい病気があります。また、他の病気やその治療薬が原因でうつ病になる場合もあります。

6.治療の種類

休養、薬物療法、精神療法が治療の3本柱です。

7.薬はどのように働くか

うつ病の治療にはさまざまな薬が使われますが、ここでは治療の中心となる「抗うつ薬」の紹介をします。

8.生活の中で心がけること

再発を防ぐために、ストレスをためないライフスタイルを心がけましょう。

10.主治医とのやりとり

主治医との信頼関係が大切です。ひとりで悩まず、何でも相談しましょう。

11.患者さんのご家族の方へ

うつ病の治療は、ご家族の方、職場の方のサポートが非常に大切です。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報