ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

スキンケア

スキンケアが必要なわけ

アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は乾燥し、バリア機能が低下しているので、きちんと保湿することが必要です。また、皮膚には、皮脂や汚れ、ブドウ球菌などの細菌などが付いています。これらを放っておくと、症状を悪化させたり、感染症を引き起こしやすくなります。このため、皮膚を清潔に保つことも大切です。

皮膚を清潔に保つ

挿絵 皮膚を清潔に保つには、毎日のシャワーや入浴が大切です。特にスポーツで汗をかいた時などは、できるだけ早くシャワーや入浴で汚れを落としましょう。石鹸やシャンプーは、必ずしも「アトピー用」と明記されたものでなくても構いません。普通のもので十分です。よく泡立てて、やさしく洗い、よくすすぎます。強くこすらないように注意しましょう。体が温まるとかゆみを引き起こしやすいので、高い温度のお湯は避けます。皮膚を清潔にした後はすぐに保湿することが大切です。

バリア機能を補う

ドライスキンでは皮脂や角質層の中の天然保湿因子やセラミドが普通の方より少ないので、皮脂の代わりになる保湿薬や、角質層の水分保持の働きを補強する保湿薬等を皮膚に塗ります。

紫外線から皮膚を守る

過度に紫外線を浴びると、皮膚の炎症を悪化させることがあるので、できるだけ大量の紫外線を浴びないよう注意します。紫外線の多い時間帯の外出を避けたり、つばの大きい帽子や日傘を利用しましょう。皮膚への刺激が少ない日焼け止め化粧品も効果があります。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報