ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

アレルギー炎症を起こす物質(アレルゲンを含む)の検査

アトピー性皮膚炎とアレルゲン

アトピー性皮膚炎の発病や悪化の原因の一つに、アトピー素因をもった方に皮膚の炎症を起こさせる原因物質(アレルゲンを含む)があります。

それらを特定するには、専門の医師が慎重に検査する必要があります。とくに食物に関しては自己判断で安易に制限したりしないようにしましょう。

アレルギー炎症を起こす物質(アレルゲンを含む)を見つける方法

  • 血液検査…アレルゲンを見つけるための検査のひとつにIgEラスト法という血液検査があります。候補物質に対して「陽性」か「陰性」かについて調べます(ただし、この検査で陽性でもアトピー性皮膚炎の症状の出ない方もいます)。
  • 皮膚検査…スクラッチテスト(針で少しだけ皮膚をひっかく)とパッチテスト(皮膚に貼る)があります。どちらも皮膚に候補物質をつけて反応をみる検査です。
  • 皮内検査…候補物質を皮膚に注射して反応をみます。
  • 負荷試験・除去試験…原因食物を特定する時に行います。まず原因食物を食べないようにして状態を観察し、その後、少しずつ原因食物を増やして、症状の悪化があるかどうか観察します。専門の医師によって、注意深く、時間をかけて行う必要がある試験です。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報