ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

2. 医療を支える

  • 国連開発目標
  • Action on Fistula
  • 医療情報の提供活動
  • 救急医療の支援
  • 車いす送迎自動車寄贈

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)はミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、2030年までに達成すべき、17の目標と169のターゲットを掲げています。アステラスは、事業活動や企業の社会的責任を果たすための取り組みを通じて、国際社会が協調して定めた国連の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献を目指しています。

持続可能な開発目標(SDGs)

4つの分野で保健医療へのアクセス改善に注力

SDGsの「目標3:すべての人に健康と福祉を」に関しては、①イノベーションの創出、②入手可能性の向上、③保健システムの強化、④健康に対する知識・理解の向上という4つの分野を特定して保健医療へのアクセス課題の解決に取り組んでいます。

イノベーションの創出における取り組みの一つに、顧みられない熱帯病(NTDs)に関する創薬共同研究があります。アステラスは2016年4月、従来の共同研究で得た知見をもとに、国立研究開発法人産業技術総合研究所とシャーガス病の新規治療薬の創出に向けた共同研究契約を締結しました。また同年6月には、東京大学医科学研究所との間で、コレラ、毒素原性大腸菌を対象とする経口コメ型ワクチン「MucoRice-CTB(ムコライス)」に関する共同研究契約を締結しました。さらに、住血吸虫症の治療薬プラジカンテルの小児用製剤開発にもパートナーとともに取り組んでいます。

環境負荷の低減を目指す多様な取り組みを推進

アステラスは温室効果ガスの排出削減、資源循環の取り組み、生物多様性指数の改善などを通じてSDGsの「目標6:安全な水とトイレを世界中に」「目標13:気候変動に具体的な対策を」「目標15:陸の豊かさも守ろう」などの目標達成に貢献していきます。



ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報