ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

アステラス財団

公益財団法人アステラス病態代謝研究会

本財団は生命科学研究、とりわけ創薬・治療法の開発・実用化研究を奨励し、国民の保健と医療の発展および治療薬の進歩に貢献することを目的としています。「独創性、先駆性が高い萌芽的研究」あるいは「臨床的意義の高い成果が期待できる研究」に期待し、領域を問わず「個人型の研究」、「女性研究者」、「教室を立ち上げたばかりの研究者」、「留学から戻られたばかりの研究者」を中心とした研究支援や海外留学補助を実施しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。


アステラス米国財団

アステラス米国財団は、社会の幸福/健康に貢献する活動やプログラムを支援することを長期的な目標として掲げ、次の3つを主要な支援分野としています。

主要な支援分野

  • 地域健康・福祉向上を目的とした市民活動への助成
  • 児童・青少年科学教育活動支援
  • 災害支援活動への助成

詳しくは、こちらをご覧ください。


アステラス欧州財団

アステラス欧州財団は、健康な社会を作るプログラムの実施や活動の支援を目的としています。
医学の振興の支援としては、泌尿器癌、移植および泌尿器領域の基礎研究や医学研究に助成をおこなっています。
一方、慈善的な活動としては、ヘルスケアの利用や質の改善をより進めるために、人道的活動を行っているNGO等を支援しています。また、同財団は、子供のための独立慈善団体であるセーブ・ザ・チルドレンを永く支援しています。


アステラス アジア・オセアニア財団

アジア・オセアニア地域が持続的に発展する事を目指して、(1)地域医学の振興 (2) ヘルスケアの改善・増進(国連ミレニアム開発目標への貢献やグローバル・ヘルス課題への支援など)(3)大規模自然災害時の支援を目的に活動をしています。
ヘルスケアの改善としては、2012年度より、NGOのセーブ・ザ・チルドレンとの連携により、インドのスラム街に住む母子の健康改善支援を行っています。
また、大規模自然災害の支援として、2013年秋にフィリピンにおいて発生した台風30号(国際名:Haiyan(ハイエン))、およびボホール地震による被災者の救済、被災地の復興のために義援金を拠出しました。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報