ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

コミュニティ参画

コミュニティ参画の3つの領域の画像

新薬の開発・提供を中心に、医療環境づくりを
支援するコミュニティ参画の広がりを示しています。

アステラスは医療が活かされる環境づくりを目的に、コミュニティ参画を3つの領域で実施しています。それぞれの領域での取り組み内容は、以下リンクよりご覧下さい。

社会貢献活動の基本方針

社会貢献活動の基本方針

アステラスは「先端・信頼の医薬で世界中の人々の健康に貢献する」ことを経営理念としています。この理念の実現に向けて、新薬の開発・提供とともに、人々の健やかな生活を支えるための医療が活かされる環境づくりが重要であると考えています。
アステラスは、患者さんやご家族の安心、医療基盤の強化と発展、そして自然や社会、地域の持続可能性が不可欠であると認識しており、自社の持つ資源を用いて医療が活かされる環境づくりに取り組みます。


企業姿勢

  1. 1.アステラスは、自社の持つ資源(社員や医薬などの知見などを含む)を活かした社会貢献活動を推進します。
  2. 2.社員が一市民として主体的に行うボランティア活動を応援します。
  3. 3.社会貢献活動の内容や成果などの情報を可能な限り社会に対して開示するとともに、活動内容を、時代・社会要請に合わせて、柔軟かつ定期的に見直します。

マッチングギフト制度

アステラスでは、社員による寄付金に会社が同額を上乗せして寄付金を拠出するマッチングギフト制度を導入しています。
マッチングギフト制度による支援活動は以下のリンクよりご覧下さい。

フライングスター基金(日本)

※ フライングスター基金は、ささやかでも継続できる社会貢献活動を目的に、社員が中心となって発足した基金で、人々の健康と福祉の向上に寄与することを活動目的としています。 同基金への参加は社員の自由意思に委ねられており、現在日本のアステラスグループ社員約5,300名が参加しています。

StarGIVING - Matching Gifts Program(米国)

※ StarGIVINGプログラムでは、社員の寄付金にマッチングギフト制度による同額上乗せをおこない、社員の社会貢献を支援しています。

マッチングギフト制度のメリット

・社員が支援したいと考える活動に対して、個人の寄付金以上の金銭的貢献ができる。
・会社は社員の意向を尊重して社会に貢献できる。
・寄付の多様性が確保される。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報