ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

製品が環境に及ぼす影響 保証対象マーク

温室効果ガスの排出

アステラスではハイドロフルオロカーボン(HFC)を充填剤に使用している製品が1品目ありましたが、該当製品は販売戦略により2015年3月末をもって販売中止となりましたので、2015年度以降の温室効果ガス排出を伴う製品はありません。
新たに開発した製品では吸入器具により微粉末の薬剤を容易に、定量的に吸入することができる技術を導入するなど、環境負荷の低減に配慮しています。

HFC排出量(CO2等量)の図

容器包装リサイクルの取り組み

アステラスの製品は、医療機関を通じて患者さんに処方され、使用されたあとの包装材料が病院、薬局、一般家庭から廃棄されます。一般家庭からは主に錠剤やカプセルに使用されるPTP包装(プラスチック)が廃棄されます。病院、薬局からはPTP包装に加えて、ボトルやチューブなどのプラスチック類や金属、注射剤に使用されるガラス、個装ケースやダンボールなどの紙類が廃棄されます。

医薬品の包装には、製品の安定性の保持や医薬品医療機器等法で定められた事項の記載などの機能が必要ですが、アステラスではこれらに加えて環境に配慮した材質の選択や、廃棄の際にリサイクルを促す材質表示などの取り組みを行っています。

日本では、家庭から廃棄される容器包装のリサイクルを進めるため、製品の販売者が容器包装リサイクル法(容器包装に関わる分別収集および再商品化の促進等に関する法律)に従い、廃棄物のリサイクル費用を負担しています。2016年度に家庭から排出されるプラスチック、紙容器の合計量の見積りはおよそ544トンとなり、リサイクル費用の申込金額はおよそ1,583万円となりました。

容器包装リサイクルの取り組みの図
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報