ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

環境行動計画

アステラスは、環境に関する将来像をガイドラインにより明示するとともに、主要な項目についての短期的・中期的な活動目標として「環境行動計画」を設定し、数値目標の達成に向けた取り組みを行っています。

環境行動計画は、前年度の進捗状況や社会情勢などを踏まえた定期的な見直しにより新たな項目の追加やさらに高い目標への変更などを行うローリング方式で運用しています。

なお、環境行動計画はその目標毎に日本の全事業所、海外の生産拠点、研究拠点などの活動を対象としていますが、アステラスの活動がグローバル化するに従い、環境行動計画の対象外の海外のオフィスや研究拠点の活動も増加していますので、これらの拠点についてもエネルギー使用量などの把握に努めています。

2016年度の実績は、以下の通りです。

注) 環境行動計画を評価するため、評価年度(2016年度)の日本での電気の使用によるCO2の算定のための係数として 0.330kg-CO2/kWhを使用しており、実際の排出量の算定とは異なっています。実際の排出量は気候変動対策の項に示しています。

温暖化対策(全体目標)の図 水資源生産性の図 廃棄物発生量原単位の図 生物多様性の図

環境行動計画の見直し

2016年度実績により、以下の目標を達成していることを確認しましたが、達成した目標を含め、環境行計画の変更は行わないこととしました。

  • 生物多様性

水資源生産性と廃棄物発生量原単位の目標は概ね達成をしていますが、2017年度の売上高が減少予想であることなど不確定要素があることから、行動計画の見直しは行わないこととしました。

2050年に向けたあゆみ

気候変動対策における数値目標については、日本の電気使用量によるCO2排出量の算定係数が実態とかい離しているため、2017年度に見直しを計画しています。
国際社会が目指す2050年の姿を意識し、そこに至る道標として数値目標を設定したいと考えています。

2050年に向けたあゆみの図
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報