ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

CSR(社会的責任)

ここから本文です

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)とのコミュニケーション

アンチ・ドーピングの取り組み

2015年1月に、文部科学省、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)、ユネスコの4団体により共催された国際会議に、当社の当時会長であった野木森雅郁がスピーカーとして参加しました。これを契機に、ステークホルダーとの対話の一環として、WADAとの対話の強化に取り組み、アンチ・ドーピング活動推進に向けたWADAとの連携体制をいかに構築するかについて、社内検討を行いました。その結果、ドーピング撲滅と公衆衛生の向上に貢献するため、アステラスは2016年10月にWADAと、スポーツにおけるドーピングを目的とした医薬品の誤用や乱用の防止に向けた国際的な連携に関する契約を締結しました。

image of Dr. Olivier Rabin
世界アンチ・ドーピング機構(WADA)サイエンス・エンジニア・ディレクター
Olivier Rabin氏

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報