ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

アステラス製薬について

ここから本文です

2012年ニュースリリース

RSSについてへのリンク

GnRHアンタゴニスト(徐放性)/前立腺癌治療剤「ゴナックス®皮下注用」 新発売のお知らせ

2012年10月22日

  アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、前立腺癌治療剤「ゴナックス®皮下注用」(開発コード:ASP3550、一般名:デガレリクス酢酸塩、以下「ゴナックス」)について、前立腺癌の効能・効果で、2012年10月23日に新発売しますので、お知らせします。

 

  ゴナックスは、皮下注射されるGnRH受容体アンタゴニストです。GnRHは脳の視床下部で産生されるホルモンであり、脳の下垂体に存在するGnRH受容体に結合することにより、男性ホルモンの一つであるテストステロンの産生に関わっています。テストステロンは男性機能維持のために必要なホルモンですが、前立腺がんにおいてはがん細胞の増殖を促進し、症状を進行させてしまいます。これに対してゴナックスは、GnRH受容体へのGnRHの結合を競合的に阻害することによってテストステロンの産生を低下させ、その結果、前立腺がんの増殖を抑制します。承認申請においては、国内で実施した第I相臨床試験および第II相臨床試験成績に加え、海外で実施された第III相臨床試験等の成績に基づき、申請しました。国内で実施した第II相臨床試験および海外で実施された第III相臨床試験では、GnRH受容体アゴニストで認められるテストステロンサージ(血清テストステロンの一過性の上昇)を伴わず、投与3日目から血清テストステロン値が抑制・維持され、有効性および安全性が確認されました。

 

  海外においては、本剤*は、既に62カ国で承認されています。

 

  アステラス製薬は、2006年1月、スイスの医薬品会社であるフェリング社(英名:Ferring Pharmaceuticals、本社:サンプレ、会長: Frederik Paulsen)と、同社が創製したゴナックスの前立腺がん治療に関する日本での独占的開発・販売権を取得するライセンス契約を締結しました。その後、開発、承認申請を行い、2012年6月29日に日本において承認を取得し、同年8月28日に薬価基準に収載されました。

 

  今回の新発売に伴う、アステラス製薬の当期(2013年3月期)業績予想の修正はありません。

 

  アステラス製薬は、ゴナックスを日本市場に投入することにより、新たな選択肢を提供することで、前立腺がん治療に貢献ができるものと考えています。
 

以 上


*日本国外での製品名はFirmagon®
 

 

印刷して読みたい方


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報