ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

アステラス製薬について

ここから本文です

2017年ニュースリリース

RSSについてへのリンク

グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)第二期への資金拠出について

2017年6月 1日

   アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(以下「GHIT Fund1」、www.ghitfund.org)の活動の第二期となる2018年度から2022年度までの5年間に渡り資金拠出を行うことを決定しましたのでお知らせします。アステラス製薬を含むGHIT Fundの資金拠出パートナーによる第二期へのコミットメントは、総額200億円以上の規模となる見込みです。

 

   GHIT Fundは、HIV/AIDS、結核、マラリア、顧みられない熱帯病2等の、特に開発途上国の人々を苦しめる感染症の制圧を目指して、日本の技術、知見、イノベーションを用いた治療薬、ワクチン、診断薬の開発を目的として2013年に設立されました。日本国政府(外務省、厚生労働省)、民間企業、ビル&メリンダ・ゲイツ財団3、英国の財団であるウェルカム・トラスト4、国連開発計画が参画するグローバルヘルスの製品開発(R&D)に特化した世界初の官民パートナーシップです。

 

   GHIT Fundの第一期(2013年度から2017年度)において、GHIT Fundは61件のプロジェクトに対して約100億円の投資を行っています。創薬の初期段階である探索研究から、南米やアフリカにおける臨床試験に至るまで、日本の創薬技術・能力がグローバルヘルスに直接的、かつ効果的に活かされてきました。

 

   アステラス製薬の代表取締役社長CEOの畑中 好彦はGHIT Fundについて次のように述べています。「GHIT Fundは、日本の製薬業界にグローバルヘルスの課題解決に対する意識変革を促しました。具体的には、私たちが持つ製品開発の専門知識と能力を、政府、国際機関、非営利組織などの専門性と組み合わせることによって、グローバルヘルスの諸課題の解決のために、日本の製薬企業がリーダーシップを発揮できる仕組みを作り出しました。」

 

   アステラス製薬は、国際的な非営利官民パートナーシップとして2012年に設立された小児用プラジカンテル・コンソーシアム5に参画していますが、当該コンソーシアムはGHIT Fundから資金提供を受けています。

 

   アステラス製薬は、当社独自の製剤技術や開発ノウハウを小児用プラジカンテル・コンソーシアムへ提供することで、プラジカンテル小児製剤の開発に貢献するととともに、GHIT Fundへの継続的な参画を通じて保健医療へのアクセス(Access to Health)課題の解決に取り組んでいきます。

以上

1GHIT Fund*の資金拠出パートナー(第二期)

*GHIT Fund:Global Health Innovative Technology Fund

・フルパートナー:日本国政府(外務省、厚生労働省)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、アステラス製薬株式会社、エーザイ株式会社、塩野義製薬株式会社、第一三共株式会社、武田薬品工業株式会社、中外製薬株式会社、富士フイルム株式会社

・アソシエイトパートナー:シスメックス株式会社、大塚製薬株式会社

・アフィリエイトパートナー:協和発酵キリン株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、大日本住友株式会社、田辺三菱製薬株式会社、メルク(Merck KGaA)

 

2顧みられない熱帯病 Neglected Tropical DiseasesNTDs)について

   世界保健機関(WHO)によると、顧みられない熱帯病(NTDs)は、熱帯、亜熱帯などの149の国と地域で蔓延する感染症で、10億人を超える人々がNTDsにより健康を害していると推定され、毎年数十億ドルもの経済的損失があるとされています。衛生環境が十分に整っていない地域や、感染を媒介するベクターや家畜などに接する機会の多い世界の貧困層がNTDsの影響を受けています。現在、次の18疾患*がWHOによりNTDsとして定義されています。

*WHOが定義するNTDs:ブルーリ潰瘍、シャーガス病、デング熱・チクングニア熱、メジナ虫症、エキノコックス症、食物媒介吸虫類感染症、アフリカ睡眠病、リーシュマニア症、ハンセン病、リンパ系フィラリア症(象皮症)、マイセトーマ、オンコセルカ症(河川盲目症)、狂犬病、住血吸虫症、土壌伝播寄生虫症、嚢虫症、トラコーマ、トレポネーマ感染症(イチゴ腫含)。

 

3ビル&メリンダ・ゲイツ財団について

   「誰の人生にも同じ価値がある」との信条に基づき、ゲイツ財団はすべての人々が健康的で生産的な生活を送れるよう活動しています。途上国に対しては、健康問題や飢餓、極度の貧困からの脱出に対する支援に焦点を当て、米国では、すべての人々、特に貧困層の人々が教育機会や通常の生活を送る機会を得るための?援を行っています。ワシントン州シアトルに本部があり、ビル及びメリンダ・ゲイツ夫妻(共同議長兼管財人)とウォーレン・バフェット氏(管財人)のもと、ジェフ・レイクス氏がCEOとなり、ゲイツ氏の父親ウィリアム・H.ゲイツ.Sr.氏も共同議長を担っています。 ビル&メリンダ・ゲイツ財団の詳細については、 www.gatesfoundation.orgを御覧ください。

 

4ウェルカム・トラストについて

   ウェルカム・トラストは医学研究?援等を?的とした財団であり、7億ポンドを超える資金を科学、教育、公共政策また医療への応用研究等の分野に関連するプロジェクトに向けて投資を行っています。 ウェルカム・トラストのポートフォリオは総額180億ポンドにおよび、ヒトゲノムのシーケンス解析、マラリアに対する治療薬の研究開発、また「ウェルカムコレクション」と呼ばれる医療や芸術を紹介する施設の創設等、革新的な研究を支援しています。ウェルカム・トラストの詳細については、www.wellcome.ac.ukをご覧ください。

 

5住血吸虫症と小児用プラジカンテル・コンソーシアムについて

   住血吸虫症はアフリカや南米を中心とする発展途上国に多い寄生虫感染症で、特に小児の罹患率が高い疾患です。標準的治療薬であるプラジカンテル錠は、錠剤の大きさに起因する窒息リスクや薬剤の苦みなど、乳幼児を含む就学前児童には服薬が難しいという課題があります。 アステラスは、他の製薬企業や研究機関、国際非営利組織とともにコンソーシアムを設立し、プラジカンテル錠の小児用製剤を開発しています。小児用製剤の創製にあたりアステラスは、独自の製剤技術を供与しました。本剤は、現行錠より小型かつ口腔内で崩壊して水の有無に関わらず服用できるように設計されており、苦みを低減する工夫も施されています。また、生産コストを抑えつつ、簡素な生産技術で製造でき、熱帯地域の高温多湿な環境でも安定性のある錠剤です。小児用製剤開発の技術やノウハウはブラジルの委託製造先に移転し、現地の医薬品製造における能力構築にも貢献しました。コンソーシアムでは現在、第II相臨床試験を実施しており、アステラスは引き続きノウハウや技術を提供しています。

 

 

印刷して読みたい方


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報