ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

アステラス製薬について

ここから本文です

2017年ニュースリリース

RSSについてへのリンク

ベルギー Ogeda社買収に関する契約締結

2017年4月 3日

  アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、医薬品企業Ogeda SA(本社:ベルギー Gosselies、CEO:Jean Combalbert、以下「Ogeda社」)の株主との間で、アステラス製薬がOgeda社を買収することに合意し、契約を締結しましたのでお知らせします。Ogeda社は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)1)に関する複数の低分子化合物プログラムを有しています。最も進んだ臨床開発段階にあるfezolinetantは選択的NK3受容体拮抗薬であり、更年期に伴う血管運動神経症状(VMS)2)に苦しむ患者さんを対象とした非ホルモン治療に関する前期第II相試験において良好な結果が得られています。アステラス製薬は、本買収により臨床開発段階のパイプラインを拡充し、中長期の成長をより盤石なものとしていきます。

 

  本買収契約に基づき、アステラス製薬はOgeda社の株主に対し、買収完了時に、同社の全株式の対価として契約一時金5億ユーロを支払い、更に、fezolinetantの開発の進捗に応じて、最大で総額3億ユーロを支払う可能性があります。今後、アステラス製薬は米国のHart-Scott-Rodino法で定める待機期間が終了することなどの前提条件や、必要な法的諸手続きを経て、2017年度第1四半期中に買収を完了し、Ogeda社を完全子会社化する予定です。

 

  アステラス製薬の代表取締役社長CEOの畑中 好彦は次のように述べています。「本買収は、アンメットメディカルニーズの高い疾患に対する新薬を患者さんに届けるというアステラス製薬の戦略に合致するものです。Ogeda社は、更年期に伴うVMS治療に対するNK3受容体拮抗薬の開発を行う先端企業です。アステラス製薬は、これまでに生活の質を改善するための新たな治療法を数多く創製してきました。この強みを活かし、更年期に伴うVMSに苦しむ患者さんへ新たな治療選択肢を提供できることを期待しています。」

 

   Ogeda社のCEOであるDr. Jean Combalbertは、次のように述べています。「アステラス製薬による今回の買収を大変嬉しく思います。今回の買収により、更年期に伴うVMSに苦しむ患者さんへ、世界で初めての安全性の高い非ホルモン治療薬fezolinetantを提供できることを期待しています。アステラス製薬の高い開発・販売力、リソース、理念があれば、臨床試験で良好な結果が得られているfezolinetantを患者さんの価値に変えられると信じています。」

 

   2017年1月に公表されたfezolinetantの前期第II相試験では、更年期に伴うホットフラッシュ3)症状を有する患者80例において、以下の主要評価項目に対し、プラセボと比較して有意な改善が認められています。中等度から重度のホットフラッシュの頻度は、投与後4週においてベースラインから89%減少(プラセボでは38%減少、p<0.001)、投与後12週においてベースラインから93%減少(プラセボでは54%減少、p<0.001)しました。また、ホットフラッシュの重症度は、投与後4週においてベースラインから60%減少(プラセボでは12%減少、p<0.001)、投与後12週においてベースラインから70%減少(プラセボでは23%減少、p<0.001)しました。重度の有害事象は認められず、軽度から中程度の有害事象(頭痛や鼻咽頭炎など)の発現率は67%(プラセボでは80%)でした。

 

   なお、本買収によるアステラス製薬の通期(2018年3月期)連結業績への影響は現在精査中です。

 

買収の概要

1.株式取得者:アステラス製薬株式会社

2.Ogeda社の主要株主:Vealius Biocapital II SA Sicar、Fund+ NV、SRIW SA、 Capricorn Health-Tech Fund NV、BNP Paribas Fortis Private Equity Management SA

3.株式の取得方法:現金(手元資金を充当)

4.対価:

  • Ogeda社の全株式を取得するための契約一時金として5億ユーロ
  • Ogeda社で最も進んでいる臨床開発プログラムfezolinetantの開発の進捗に応じ、最大で総額3億ユーロ

5.買収完了予定日:(米国のHart-Scott-Rodino法で定める待機期間の終了及びその他必要な法的諸手続きを経て)2017年度第1四半期中

6.アステラス製薬の財務アドバイザー:なし

7.アステラス製薬の法務アドバイザー:Jones Day

8.Ogeda社の財務アドバイザー:なし

9.Ogeda社の法務アドバイザー:White & Case LLP

 

対象会社の概要

1.名称:Ogeda SA

2.所在地:ベルギー Gosselies

3.代表者:Jean Combalbert, CEO

4.設立:1994年

5.資本金:34,000,000ユーロ(2017年3月末時点)

6.従業員数:41名

7.アステラス製薬との関係:対象会社との間には、記載すべき関係はありません。

以上

 

印刷して読みたい方


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報