ページ内を移動するためのリンク
  • グローバルナビゲーションへ(3)
  • 本文はじまりへ(5)
ここから本文です

イノベーション × コト

「プレシジョン・メディシン」が変える、がん治療

〜細胞をがん化する「遺伝子の傷」を一括解析、治療薬開発の標的を明確化〜荒川直樹=科学ライター

2015年1月、米国のオバマ前大統領が国家戦略の柱の一つとして推進を表明した「プレシジョン・メディシン」。日本語では「精密医療」と訳されることもある。ごく簡単に説明すると、患者の遺伝子を網羅的に調べることで、個人ごとに最適な治療法を分析し、それを施すというものだ。特定の新治療を示す言葉ではなく、さまざまな病気の治療に応用できる「概念」だが、期待が大きいのは、なんといってもがん治療の分野だ。

アステラス製薬開発本部プロジェクト推進部で、白血病などの「血液がん」に対する治療薬開発のプロジェクトリーダーである金子正人氏は「1990年代以降、がん細胞ががん化する原因となる『遺伝子変異』が次々と見つかってきました。そこで、その遺伝子がコードする蛋白をターゲットとする薬(分子標的薬)を研究・開発することで、正常な細胞を傷つけずにがん細胞だけに作用する、つまり、より有効性が高く副作用が少ない『精密な医療』が実施できるようになったのです」と話す。

「プレシジョン・メディシン」という新しい医療戦略の登場で、的確にがん細胞だけに作用する治療薬の開発が可能になった。
(c)xb100-123RF

「網羅的な遺伝子解析」が手軽にできる時代が到来

プレシジョン・メディシン登場の背景にあるのは、遺伝子解析技術の進歩だ。正常細胞をがん化する遺伝子の傷(変異)は、多くのがん患者に共通するものがある一方、まれな変異もある。一人が複数の遺伝子変異を持つことも珍しくない。治療を進める中で新たな変異が出てくることもある。

こうした複雑な遺伝子変異を網羅的に解析することを可能にしたのが2000年半ばに米国で登場した次世代シーケンサーで、より低コスト、短時間の遺伝子解析を実現した。例えば、がん治療のための遺伝子解析というと、従来は数項目の遺伝子を調べるものだったが、いま日本のプレシジョン・メディシンを実施している研究機関では、一度に200を超える遺伝子を網羅的に調べているところもある。

一度の血液検査で、がんの発症や悪化に関わる遺伝子をすべてチェック。最適の治療法を教えてくれる―。一昔前まではサイエンス・フィクションの世界の出来事だったが、それがいま、まさに現実の医療となりつつあるのだ。

急性骨髄性白血病患者の3割に「FLT3遺伝子」の異常が

いま大学病院や国立がん研究センターなど、たくさんのがん研究機関、あるいは製薬会社がプレシジョン・メディシンに取り組んでいる。その目的の一つはがん治療の研究開発にある。多くの患者に対して行った網羅的がん遺伝子解析のデータを調べることで「ある遺伝子変異は、どのようながんで見られるか」「あるがん種には、どのような遺伝子変異が見られるか」などの遺伝子情報と診療情報(いずれも匿名化された情報)が得られる。それらは、新たに医薬品を研究・開発する際の基礎となる。

例えば、4タイプある白血病の一つ「急性骨髄性白血病」では、これまで50種類以上の遺伝子変異が見つかっているが、日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)が行った網羅的な遺伝子解析で、日本人患者には44種類の遺伝子変異が見られることが分かった。さらに、10%以上の患者に変異が起こっていた遺伝子は5種類に限られることも明らかになった。

日本成人白血病治療共同研究グループが行った網羅的な遺伝子解析で、日本人の急性骨髄性白血病患者には、44種類の遺伝子変異が見られた。10%以上の患者に変異が起きていた遺伝子は5種類に限られ、最も頻度が高かったのがFLT3の変異だった。
(出典:日本内科学会雑誌 2015; 104: 1180-8.)

最も頻度が高かったのは、「FLT3(フラットスリー)」という遺伝子の変異。この遺伝子に変異があると、細胞を分裂させるスイッチが入りっぱなしになってしまい、細胞が際限なく増殖してしまう。「急性骨髄性白血病では、患者さんのおよそ3割にFLT3遺伝子の変異が見られます」と、金子氏と同じくプロジェクト推進部でプロジェクトのマネージメントを担当する竹内勝義氏は言う。

急性骨髄性白血病の治療では、がん化した骨髄細胞を強い抗がん剤を使って「寛解(かんかい)」という状態を作り出す。寛解状態になると、骨髄中からがん細胞がほぼ消え、正常な細胞が増えてくる結果、貧血や免疫力の低下、出血しやすさといった白血病の症状も和らぐ。がんをうまく抑えることで、病気になる前の「普通の暮らし」を取り戻せるのだ。しかし、「FLT3遺伝子に変異がある患者さんでは特に、病気の再発が起こりやすいことが知られています」(金子氏)。

変異の頻度が最も高く、しかも病気の悪性度(再発のしやすさ)にも直結しているFLT3遺伝子は、急性骨髄性白血病の治療薬開発のための格好なターゲットとして注目されることとなった。

20年ぶりの画期的「新薬」に期待集まる

世界的に繰り広げられている「FLT3阻害薬」の開発競争のトップグループにいるのが、アステラス製薬が開発している薬だ。

「急性骨髄性白血病は、再発が多く、治りにくいがんの一つです。しかも、最初に発症したとき(初発)の治療薬は、再発したときには使えないことが多々あります。このがんに対しては、20年もの間、革新的な治療薬が登場していませんでした。そのため、再発してしまった患者さんの治療選択肢は、とても限定されることが課題でした。そこで、新たな治療の選択肢を提供できることに意義があると考えています。難病といわれてきた急性骨髄性白血病ですが、近い将来、不治の病といわせないようにしたい」と金子氏は話す。

プレシジョン・メディシンがもたらす未来

「プレシジョン・メディシンの登場で、創薬の現場とがんの治療薬の概念は想像を超えて大きく変わりました。これまでは乳がん、肺がんなど、がんの種類別に薬が決まっていましたが、これからは遺伝子変異が同じなら、違うがんの人も同じ薬で治療する時代になろうとしています。また、全国の医療機関と複数の製薬会社が協力して、多くのがん患者さんに網羅的な遺伝子解析を受けてもらうプロジェクトがいくつも立ち上がっています。遺伝子ベースでの患者登録が進み、多施設から広く患者さんを集められるようになったことで、以前は十分な人数の患者さんを集められず、取り組めなかったようなまれな遺伝子変異を有するがんに対する治験も可能になってきています」と竹内氏。

医薬品の研究・開発は、かつてないスピードで、かつ、広いフィールドを対象に進んでいる。

今日、「もう打つ手がありません」と言われた患者にも、明日にはどこかで遺伝子変異に対応する新しい薬が見つかる―。プレシジョン・メディシンによって、かつての夢物語は、現実のものになりつつある。

プレシジョン・メディシンでがん治療はこう変わる
  • ・がんの種類別ではなく、遺伝子変異別に治療薬が決まる
  • ・網羅的な遺伝子解析を受けることで、自分のがんに効く薬が選べる
  • ・まれな遺伝子変異を持つがんでも、治験が可能になる
グローバルナビゲーション

ページの先頭へ戻る