ページ内を移動するためのリンク
  • グローバルナビゲーションへ(3)
  • 本文はじまりへ(5)
ここから本文です

企業文化 × ヒト

患者さんの明日が少しでも良くなるように。

アステラス製薬株式会社 東京支店 学術室
西塚大

アステラス製薬は、世界にまだないくすりを届けるために一生懸命な会社です。
この企画では一日も早く患者さんにくすりを届けるために、社員がどのような思いで仕事に取り組んでいるかを紹介します。

世界にまだないくすりを届ける仕事への思いを教えてください

私は、自社医薬品の適正使用情報の提供、収集や伝達を主な仕事としています。医療機関を訪問しながら医師や薬剤師、看護師といった医療スタッフとともに、患者さんの明日をよくすることに貢献しています。近年、画期的な新薬がいくつも世に出てきていますが、未だに治療が困難で病気に苦しむ患者さんは多く、実際にお見かけして使命感を新たにすることもあります。

人々の健康をサポートする一員として、常に医師の向こう側にいる患者さんを見つめ、医療スタッフへ信頼性の高い情報を提供しています。科学の進歩を患者さんの価値に変えて、一人でも多くの方へ届けるために、全力で取り組んでいます。

アステラスの魅力とは

新薬にフォーカスし、革新的な価値を世の中に届け続ける一貫した経営方針や、全社一丸となり、患者さんをはじめとするステークホルダーに貢献するという一体感が当社の魅力だと思います。ほかの誰でもなく「自分ができる貢献は何なのか?」を常に突き詰め、社員一人ひとりが新しい医薬品の研究・開発、医薬品情報の提供や収集活動を行っています。

また、「変化を楽しむ」しなやかな社風も特徴的です。前例にこだわらず、変化を先取りして挑戦していく企業姿勢にいつも共感しています。

掲載日 : 2016年3月14日
掲載紙 : 読売新聞

グローバルナビゲーション

ページの先頭へ戻る