ページ内を移動するためのリンク
  • グローバルナビゲーションへ(3)
  • 本文はじまりへ(5)
ここから本文です

企業文化 × ヒト

技術を磨き、高品質な新薬を医療現場へ。

アステラス製薬株式会社 技術本部 バイオ技術研究所
乙供かな依

アステラス製薬は、世界にまだないくすりを届けるために一生懸命な会社です。
この企画では一日も早く患者さんにくすりを届けるために、社員がどのような思いで仕事に取り組んでいるかを紹介します。

世界にまだないくすりを届ける仕事への思いを教えてください

私は、バイオ医薬品の生産プロセスの開発に取り組んでいます。バイオ医薬は抗体医薬、ワクチン、細胞医療など幅広く発展している分野です。微生物や細胞に医薬品を生産させたり、細胞自体に機能を持たせて医薬品としたり、微生物や細胞に働いてもらいます。

どうしたら求める品質のものを安定的に作ってくれるのか。チャレンジングなことも多いのですが、病気と闘う患者さんにいつでも安心して、アステラスのくすりを使用していただけるよう日々、努力しています。画期的な新薬を一刻も早く医療現場に届けるべく、社員一丸となってものづくりの技術を磨いています。

アステラスの魅力とは

「一生懸命、かつ、チームワークを大事にする風土」です。社員全員が、患者さんの求める価値とは何かを常に真剣に考え、最先端の技術、最高のパフォーマンスを目指しています。また、担当外の仕事であっても情熱をもって議論し、主体性を持って協働する人が多いと思います。

そして、ベストなチームワークで、よりよいものを医療現場に送り出そうという風土にも魅力を感じています。夢を語り議論し合える環境が、一人ひとりが使命感・情熱をもって新薬開発に取り組む原動力になっていると感じます。

掲載日 : 2016年3月7日
掲載紙 : 読売新聞

グローバルナビゲーション

ページの先頭へ戻る