選考委員からのメッセージ




選考委員からのメッセージ

※メッセージを閲覧する時は、氏名をクリックしてください。

■理事
理事長 熊ノ郷淳
大阪大学 大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学 教授
大阪大学医学部附属病院 免疫内科 診療科長
理事:熊ノ郷淳 大阪大学大学院 医学系研究科 呼吸器・免疫内科学 教授 大阪大学医学部附属病院 免疫内科 診療科長 私は平成22年からアステラス病態代謝研究会の選考委員をさせていただいております。
研究助成金及び海外留学補助金の選考過程では、選考委員一人一人が、真摯にサイエンスや臨床研究の評価し、 将来有望な若手研究者をサポートしたいという熱い思いを持って評価にあたっています。 私も選考の過程や成果発表会で、素晴らしいサイエンスや臨床研究に出会うことを毎年楽しみにしています。 是非皆様の積極的なご応募をお願い致します。追:私自身一度応募したかったです(残念! 笑)。
選考委員長・理事 徳山英利
東北大学 大学院薬学研究科 分子薬科学専攻 分子制御化学講座 医薬製造化学分野 教授
選考委員長・理事:徳山英利 東北大学大学院 薬学研究科 分子薬科学専攻 分子制御化学講座 医薬製造化学分野 教授 アステラス病態代謝研究会の特色は、ライフサイエンスの各分野を代表する現役の先生方が、現場の目で選考にあたっていることです。選考委員会では、大型研究予算では見逃されがちなイノベーションの芽となるような斬新な個人研究を丹念に掘り起こそうと、毎回真剣な議論が繰り広げられています。化学合成から臨床領域まで,幅広い研究分野に対して助成を行っておりますので、これぞといった研究提案があれば、研究分野にとらわれず是非積極的に御応募ください。本財団の助成を梃子として、皆様の研究を次のステージへと大きく発展させて頂きたいと願っています。また、海外留学助成に関しては、助成額を最大400万円に増額し、応募資格を広げるなど、昨今の国内外の環境変化に対応した改革を行いました。次世代のリーダーとして生命科学を牽引する高い志を持った方々からの積極的な応募をお待ちしております。
学術委員会長・理事 後藤由季子
東京大学 大学院薬学系研究科 分子生物学教室 教授
学術委員会長・理事:後藤 由季子 東京大学大学院 薬学系研究科 分子生物学教室 教授 アステラス病態代謝研究会の選考委員会では、純粋にサイエンスあるいは臨床研究としていかにオリジナルで意欲的であるかという側面と、 個々の研究者のお立場(研究室の立ち上げや子育てなど)という側面の両方を鑑みて、最大限価値ある支援を実現しようと微力ながら精一杯努力しております。 皆様の積極的なご応募をお願い致します。
理事 一條秀憲
東京大学 大学院薬学系研究科 生命薬学専攻 医療薬学講座 細胞情報学教室 教授
東京大学 創薬機構 機構長
理事:一條秀憲 東京大学大学院 薬学系研究科 生命薬学専攻 医療薬学講座 細胞情報学教室 教授 東京大学 創薬機構 機構長 10年近く助成金選考委員を務めさせて頂いています。 毎年複数回開かれる選考関連会議に出席する度に印象深く感じることは、歴代理事長を初めとする当財団関係者が、常に時代を先取りする形で、 極めて真摯に財団の在り方と方向性について議論していることです。 時にはワーキンググループを形成して、民間財団にしかできない生命科学への貢献策を驚くほどの熱意を持って討論しています。 応募要領が毎年ダイナミックに変わるのも、当財団の特徴であり、その現れです。 一貫して「ピカッと光る」、「チャレンジング」な研究がキーですが、「今年の病態代謝」が何を目指しているか、そのメッセージを是非応募要領からも読み取って頂ければ幸いです。
理事 大谷直子
大阪市立大学 医学部医学科 病態生理学 教授
理事:大谷直子 大阪市立大学 医学部医学科 病態生理学 教授 未知の生命現象の謎を解き明かしたいという意欲と、新しい発見をした時の喜びの感覚が、私にとってはこれまでずっと研究を続けている原動力になっています。 アステラス病態代謝研究会は、そんな「研究大好き」な研究者を応援します。斬新なアイデアと研究を続けたいという強い気持ちを申請書に書いてください。 私自身も、子連れでイギリスの研究所に留学し、帰国後、新しい研究システムの立ち上げ時に財団にお世話になりました。 アステラス病態代謝研究会には、研究費の支援のみならず、委員の先生方との交流を通じて、さまざまな面で成長させていただき大変感謝しています。
理事 笠井清登
東京大学 大学院医学研究科 脳神経医学専攻 臨床神経精神医学講座 精神医学 教授
東京大学医学部附属病院 精神神経科 教授
理事 笠井清登 東京大学大学院 医学研究科 脳神経医学専攻 臨床神経精神医学講座 精神医学 教授 東京大学医学部附属病院 精神神経科 教授 私のこれまでの指導経験では、論文や研究計画書で、どれだけ先行文献を正確に把握しているか、リサーチクエスチョンに至る論理展開がしっかりしているか、が、 将来的に独立した研究者になる人かどうかの良い指標になると思っています。
将来、一流の研究者になるかどうか、臨床やワークライフマネジメントを大切にしながらも内発的に研究を進める研究者になるかどうか、これは、 無名の若手のときに適切な評価やサポートを受けたかどうかが大きな分かれ目になると思います。 応募された方の人生を左右するかもしれないという真剣さで選考にあたっていきたいと思います。 本財団研究助成は、極めて客観性、透明性の高い基準で審査が行われていますので、ぜひご応募ください。
理事 堅田利明
武蔵野大学 薬学部 学部長・教授
理事:堅田 利明 武蔵野大学 薬学部 学部長・教授 前理事長の時代から十数年以上に渡って選考委員を務めさせて頂いています。 当財団の特徴の一つは、理事長、選考委員長、学術委員長をはじめとする財団関係者が、研究助成の対象や評価・選考の在り方について多面的に議論を続けていることで、 それは応募要領が毎年更新されることにも現れています。サイエンスの進展と独創的な研究分野の創出には、多様性を確保することも重要です。 その意味からも、新たな視点でオリジナリティーの高い、そしてチャレンジングな研究課題の応募を期待しています。
理事 門脇孝
東京大学 大学院医学研究科 代謝栄養病態学 教授
東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 科長
理事:門脇 孝 東京大学大学院 医学研究科 代謝栄養病態学 教授 東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 科長 本財団との出会いは米国留学から帰国した平成2年に研究奨励金を得たことです。 研究費も大変逼迫しており、研究奨励金を得ることは大変な名誉と聞いておりましたので、喜びもひとしおでした。 その後の研究を大きく進展できたのも、この研究奨励金が大きな励みとなったからです。前途有望な若手研究者の自立やキラリと光る独創的な研究を支援したいと思っております。 そして、本財団の支援が大きな励みとなり、努力され、我が国の生命科学の分野におけるオリジナリティーの高い研究をリードする研究者が誕生することを願っております。
理事 倉智嘉久
大阪大学 大学院医学研究科 薬理学講座 教授
理事:倉智 嘉久 大阪大学大学院 医学研究科 薬理学講座 教授 私は米国から帰国したばかりの頃に本研究助成を何度か受けることが出来ました。 それらは、研究室の立ち上げに大きく役立ち、また研究を進める上での励みになりました。 その後選考に携わっておりますが、当財団が本研究助成を通して目指している、若手研究者、女性研究者の支援、萌芽的研究への支援に貢献できるように心がけております。 新しい研究のアイデアがあればどなたでも応募できます。我が国の生命科学分野のニューリーダーが今後もこの助成の受賞者から出てくることを願っております。
理事 袖岡 幹子
理化学研究所 主任研究員
理事:袖岡 幹子 理化学研究所 主任研究員 アステラス病態代謝研究会は「疾患の解明と画期的治療法の開発に資する研究」を助成対象としていて、とても幅広い研究をサポートしています。 「病態代謝」という名前なのでご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、生物学や医学研究だけでなく、有機合成化学や天然物化学研究にもたくさんの助成が行われています。 また、個人的には疾患の分子メカニズムの解明にも「化学」の力はもっともっと生かせるはずだと思っています。 化学と生物医科学の壁を超えた新しいチャレンジングな提案も楽しみにしています。本財団の助成金の報告会には、たいへん幅広い研究分野の研究者が集います。 助成金を獲得する事は、自分がやりたい研究をやるための第一歩であると同時に、他の研究者と出会い研究の幅を広げるチャンスでもあります。 また、本財団はスローガンだけでなく本気で女性研究者を応援しています。女性研究者がもっともっと増える事を願います。
理事 中里雅光
宮崎大学 医学部 内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野 教授
宮崎大学医学部附属病院 第3内科 教授
理事:中里雅光 宮崎大学 医学部 内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野 教授 宮崎大学医学部附属病院 第3内科 教授 自分自身、30歳代前半に複数回の本財団研究助成費を頂いたことが、その後の研究を進めていけるという自信につながった。 本財団は独立したばかりの若い研究者にも大きく道が開かれている。競争率が高いためたとえ採択されなくても、自分の優れた研究成果を評価者にアピールできる絶好の機会であり 、是非、自信のある成果を申請していただきたい。情熱は評価者に伝わるものです。 臨床研究は膨大な時間とエネルギーを要し、しかもヒトが対象となるため、研究計画を全て自分でコントロールすることは困難である。 本財団では新たな治療研究、疫学研究、トランスレーショナルリサーチなども積極的に助成している。臨床研究に携わっている方々からも魅力的な応募を期待したい。
理事 中山俊憲
千葉大学 大学院医学研究院 高次機能治療学研究講座 免疫発生学 教授
理事:中山俊憲 千葉大学大学院 医学研究院 高次機能治療学研究講座 免疫発生学 教授 私は免疫学の基礎研究を行っている研究者で、平成19年から選考委員を務めています。アステラス病態代謝研究会の研究助成金にはいくつかのユニークな特徴が有ります。 毎年の研究発表会で受賞者の研究の一端を皆が聞くことができ、切磋琢磨の良い機会になっていると思っています。私自身にとっても大変良い刺激になっています。 選考委員会でも評価方法などに関していつも大変活発な意見交換が行われ、よりよい選考を目指してまだまだ進化しています。 実際の選考では、大変優れた研究提案が多くいつも頭を悩まされています。ユニークさ、独創性、さらにエネルギーの感じられる研究提案を拾い上げられるよう努力しています。 いろいろな分野の研究者の方からの申請を楽しみにお待ちしています。

このページの最初へ戻る このページの最初へ戻る


■学術委員
学術委員 稲葉俊哉
広島大学原爆放射線医科学研究所 ゲノム障害医学研究センター がん分子病態研究分野 教授
学術委員:稲葉俊哉 広島大学原爆放射線医科学研究所 ゲノム障害医学研究センター がん分子病態研究分野 教授 地方大学(スモールラボ)の若手研究者にメッセージを。研究費に応募しよう。 諸君のラボでは、(おそらく)そこそこ知名度のあるボスが研究費をとってくるので、人数も少ないし、まずまず好きな研究がやれているのではないでしょうか。 しかし、自分が大きな世界で通用するかや、自分の将来について不安を持っていませんか? 羽ばたくためにできることは多いですが、まずは本研究会に応募してみよう。 推薦者もビッグペーパーも不要です。ただ、これはいい、と選考委員が膝を叩く申請書が必要です。他人の論文を読んでも書けません。 狭い枠いっぱいに、オリジナルデータと研究者の官能を詰め込んでください。採択されれば、研究費と大きな自信が得られます。 採択されなくても、データを出し、考え抜くことが次へつながります。ぜひ挑戦してください。
学術委員 井上将行
東京大学 大学院薬学系研究科 有機反応化学教室 教授
学術委員:井上 将行 東京大学大学院 薬学系研究科 有機反応化学教室 教授 有機化学を専門とする研究者として、アステラス病態代謝研究会に参加させていただいております。 当研究会では、個々の申請者の状況を鑑みて、独創性と挑戦性をフェアーに評価するという目的が共有されています。 そのため選考委員会では、自らも研究者である様々な分野の先生方が、研究提案の評価に対する新しい視点や応援したい研究者像・研究分野を熱心に議論しています。 このような公正な選考ですので、本研究助成金の申請を、新しいアイディアの先進性や勢いを測る一つの指標として利用していただきたいと考えています。 「疾患の解明と画期的治療法の開発に関する研究」であれば領域は問わないため、基礎的な創薬化学分野の先生方も、積極的に申請していただきますようお願いいたします。
学術委員 今井由美子
医薬基盤・健康・栄養研究所 医薬基盤研究所 プロジェクトリーダー
学術委員:今井由美子 医薬基盤・健康・栄養研究所 医薬基盤研究所 プロジェクトリーダー 私は留学から戻ったばかりの頃に本研究助成を受けることが出来まして、研究室の立ち上げに大きく役立ちました。 平成24年から学術委員として参加させていただいていますが、関連した会議に出席して強く感じることは、理事の方々をはじめ関係した方々が、 生命科学研究の目指すべき方向性、そして当財団がそれにどう貢献していくか、真摯に議論している点です。 業績は少なくとも、「きらりと光る」「チャレンジング」な研究が重視されます。 選考は公正ですので、本研究助成の趣旨にそった「独創性、先駆性が高い萌芽的研究提案」、「臨床的意義の高い成果が期待できる研究提案」であれば、 領域を問わず、積極的に応募していただきたいと思います。
学術委員 上杉志成
京都大学 化学研究所 ケミカルバイオロジー 教授
京都大学 物質-細胞統合システム拠点 連携PI/副拠点長
学術委員:上杉志成 京都大学 化学研究所 ケミカルバイオロジー 教授 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 連携PI/副拠点長 米国テキサス州から京都に研究室を移す際に、当財団の前身の一つ(財)医薬資源研究振興会から助成金を戴きました。 外国から帰国する、研究室を立ち上げる――新しい転機を迎えるにはエネルギーが必要です。 そのような転機を迎え、革新的な研究に挑戦する研究者をサポートできればと思います。
学術委員 上田 啓次
大阪大学 大学院医学系研究科 感染症・免疫学講座 ウイルス学 教授
学術委員事:上田 啓次 大阪大学大学院 医学系研究科 感染症・免疫学講座 ウイルス学 教授 アステラス病態代謝研究会で学術委員として本財団からの研究助成金の審査をして早10年足らずになります。 私どもが、応募の審査を担当していいものかどうかつい自問に陥ることがあります。 研究費助成の審査では、審査する側に本当に将来の研究展開を見据えて評価する能力があるかという点が大変重要と思っております。 これまでの業績や所属する研究室・教室に依存せず、確固とした内容の理解と意義の高さを見極めることに集中して審査しています。
学術委員 浦野 泰照
東京大学 大学院薬学系研究科 教授
学術委員:浦野 泰照 東京大学大学院 薬学系研究科 教授 私は有機化学、特にケミカルバイオロジー分野の研究者として、本財団の学術委員を務めています。 ケミカルバイオロジーの研究は、interest-driven型とdemand-oriented型に大別できると思いますが、前者であればそのオリジナリティ、コンセプトとしての新しさが、 後者であればどれだけ実用的であり実効性・応用性が高いのかが、最も重要視すべきファクターと考えています。 アステラス病態代謝研究会助成金の最大の特徴は、学部等の推薦無しに、面白い研究を思いついた人ならば誰でも応募できる点ですから、 多少荒唐無稽であっても構いませんから是非積極的に応募して、「こんなアプローチでこんな事を実現してしまうのかっ! むむむ!」と我々を唸らせてください。 衝撃的な研究提案に出会えることを楽しみにしています。
学術委員 大嶋孝志
九州大学 大学院薬学研究院 環境調和創薬化学分野 教授
学術委員:大嶋孝志 九州大学大学院 薬学研究院 環境調和創薬化学分野 教授 アステラス病態代謝研究会の学術委員として、主に有機化学とその関連分野の選考に携わらせて頂いています。 本研究会の助成事業は、まだ芽が出てないけれど、しかし、将来新たな研究領域の開拓につながるような挑戦的な アイデアを有している研究を発掘することに重きをおいています。そのため、選考委員自身の力量も問われており、身が引き締まる思いです。 広く化学の分野から優れた研究の芽を発掘できるよう、微力ながら一生懸命その任を務めさせていきたいと思います。 特に若手や女性研究者の熱い思いのこもった研究提案を心待ちにしています。
学術委員 大髙 章
徳島大学 大学院医歯薬学研究部 教授
学術委員 大髙章:徳島大学 大学院医歯薬学研究部・教授 平成28年度よりアステラス病態代謝研究会の学術委員として、主に生物有機化学の分野の選考に携らせていただいています。財団の会議に参加させていただき感じたことは、理事、学術委員の皆さんが真摯に良い研究、将来性がある研究を支援しようという考えのもと、論議をしている点です。すばらしい研究提案であれば、バックグランドは関係ありません。多くの皆さんがどんどん斬新な研究提案をして下さることを期待するとともに、そのような研究提案を審査できる機会を有り難く感じている次第です。
学術委員 小川佳宏
九州大学 大学院医学研究院病態制御内科学 教授
九州大学病院 内分泌代謝・糖尿病内科 肝臓・膵臓・胆道内科 教授
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 分子内分泌代謝学分野 教授
東京医科歯科大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科 教授
学術委員:小川佳宏 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 分子内分泌代謝学分野 教授 東京医科歯科大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科 教授 九州大学大学院 医学研究員病態制御内科学 教授 九州大学病院 内分泌代謝・糖尿病内科 肝臓・膵臓・胆道内科 教授 大学の附置研究所の基礎講座と医学部の臨床講座のそれぞれを担当する機会を得た自分自身の経験を活かして、 画期的な医療につながる基礎研究あるいは深い洞察に裏打ちされた臨床研究を発掘したいと考えています。 このためにも、長い目で見て将来性のある若手の意欲的な研究を応援したいと思います。 本財団では、異分野間・世代間の交流を促進するために助成金交付者と財団役員の懇親会などの様々な取り組みがされていますが、次の時代を担う基礎研究者と臨床研究者が集い、 切磋琢磨できる環境作りに少しでもお役に立てればと思っています。
学術委員 尾崎紀夫
名古屋大学 大学院医学系研究科
精神医学・精神生物学・発達老年精神医学・親と子どもの心療学・精神医療学(寄附講座) 教授
名古屋大学医学部附属病院 精神科・親と子どもの心療科 教授
学術委員 尾崎紀夫 名古屋大学大学院 医学系研究科 精神医学・精神生物学・発達老年精神医学・親と子どもの心療学・精神医療学(寄附講座) 教授 名古屋大学医学部附属病院 精神科・親と子どもの心療科 教授 我々、臨床医は、患者さんやご家族から「この様な研究をして欲しい」という思いをお聞きすることが度々ある。 例えば、「自分はうつ病として治療されたが良くならず、苦しくて死にたいと思う期間を過ごしました。双極性障害の診断法を早く開発して下さい」と、漸く、 落ち着いた双極性障害(躁うつ病)患者さんから言われた。未だに不安定な双極性障害患者さんの娘さんは、 「母は、私を産んだ直後に発病して以来、再発を繰り返しています。私も同じ病気になるかと思うと出産できません」と、話されていた。
精神疾患は頻度が高く、自殺、休務など大きな社会的損失をもたらす。本財団の助成金を活かした研究が、患者さんやご家族の切実な要望を適える診断、 治療、予防法を見つけ出すことに繋がるのを切に願っている。
学術委員 粂 照苑
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 教授
学術委員:粂 照苑 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 生命情報専攻 教授 私自身も、米国留学時に留学助成金を頂き、そして帰国後、研究室を立ち上げる時期に、本財団の研究助成金を数回頂きました。 独立したばかりの時に、研究助成に選らばれたことは大変な励みになりました。平成27年から、選考に当たらせています。 本財団の趣旨として、次世代を担う研究者を発掘して育てること、とあります。 独創的なサイエンスを目指す研究者、特に独立したばかりの若手研究者や女性研究者を支援し、これからの発展の一助になることを願っています。
学術委員 佐々木雄彦
秋田大学 大学院医学系研究科 病態制御医学系 微生物学講座 教授
秋田大学生体情報研究センター センター長
学術委員:佐々木 雄彦 秋田大学大学院医学系研究科 病態制御医学系 微生物学講座 教授/秋田大学生体情報研究センター センター長 私も留学から帰国した直後に当財団の支援をいただき、新しい研究テーマにチャレンジした経験を持ちます。 研究助成・海外留学助成の選考委員となって気付いたことは、当財団の理事長・理事を初めとする関係者が、財団の一層の進化を常に求めて活動していることです。 年に数回開かれる会議では、制度設計についての熱心な議論が毎回繰り広げられ、また、公正かつ透明な選考が行われています。 このような姿を見るにつけ、以前いただいた研究助成の重みをあらためて感じています。 国からの研究支援は年々、研究の種や小さな芽にではなく、大きな木に水を与える方向にシフトしているように感じます。 そのような中で当財団は一貫して、個人レベルの萌芽的研究の支援に力を注いでいます。 選考においては、どのような方法でどのような研究対象に挑戦しているのか=技術と視点のオリジナリティーに着目しています。 お手製の釣竿で新しいポイントを探るような研究提案を楽しみにしています。
学術委員 塩見美喜子
東京大学 大学院理学系研究科 生物化学専攻 RNA生物学 教授
学術委員:塩見美喜子 東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 RNA生物学 教授 生命科学を目指す若手研究者が減少傾向にあるといわれ久しいですが、自然資源に乏しい島国である我が国にとって最も重要な事物の一つに、 この傾向に歯止めをかけ、優秀な若手を育てることがあります。そして老若男女一丸となって常に第一線を目指す。 本財団は、その'趣旨'にもあります様に、「独創性や先駆性が高い萌芽的研究提案」、「臨床的意義の高い研究提案独創な研究提案」を支援することを 常に心がけていますが、それと同時に、若手研究者そして女性研究者を支援し、育むことを念頭においています。 実際、これまで受賞者の多くの方がすばらしい研究を実践し、基礎、応用、臨床に限らず様々な分野の第一線で活躍されていらっしゃいます。 今後も、「上質のサイエンス」を目指す若手研究者・女性研究者からの多くの応募を期待します。
学術委員 高柳 広
東京大学 大学院医学研究科 病因・病理学専攻 免疫学 教授
学術委員:高柳広 東京大学大学院 医学研究科 病因・病理学専攻 免疫学 教授 当財団では、我が国の医学・薬学研究に新しい潮流をもたらす創造的な研究、そして従来の考え方や枠組みを超えるようなチャレンジングな研究を応援したいと考えています。 選考委員会では、これまでの研究の延長線上とは異なった萌芽的な研究を見いだし育んでいくために、業績だけにとらわれず、「きらりと光る」新たな視点に基づいた研究提案を重点的に採択しています。 女性研究者や若手研究者の積極的な応募を期待しています。
学術委員 竹居孝二
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 生体制御科学専攻 生化学 教授
学術委員:竹居孝二 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 生体制御科学専攻 生化学 教授 本財団は、疾患や創薬に直接関わる研究だけでなく、構造生物学、細胞生物学などベーシックサイエンスを精力的に支援しており、その研究対象も、分子、細胞、個体と多岐にわたります。 選考にあたっては、それまでの成果や業績よりも創造的研究であることにウエイトが置かれており、『創造性重視』は本財団の一貫したポリシーとして継承されてきております。 創造的な研究を優先して支援することは、研究そのものの支援だけでなく、独創的な研究者を育成し、さらには日本の研究全体の活性化につながります。 実際、本財団研究助成金受賞者の多くが、その後の研究を進展させ、それぞれの分野の第一線でご活躍されています。
生物の進化がその多様性に支えられてきたように、多彩な創造的研究が生命科学を進歩させる原動力になると信じています。
学術委員 中澤 徹
東北大学 大学院医学系研究科 眼科学分野 教授
学術委員:中澤 徹 東北大学大学院 医学系研究科 眼科学分野 教授 アステラス病態代謝研究会の学術委員として貴重な経験をさせてもらっております。 定例学術委員会では、人材育成の大切さを共通認識とする発言が多く、優れた研究者の先生方が多分野にわたり参加されております。 このアステラス研究助成金は、将来の日本を背負って立つ若手を応援することを大切にしています。 是非、その熱い気持ちに答えて、チャンスを生かしてほしいと思います。また、採用テーマも多岐にわたっております。 激戦ではありますが、臨床研究やトランスレーショナルリサーチにも枠が与えられているので、奮って公募してほしいと思います。
学術委員 根岸学
京都大学 大学院生命科学研究科 高次生命科学専攻 高次応答制御学講座 生体システム学分野 教授
学術委員:根岸 学 京都大学大学院 生命科学研究科 高次生命科学専攻 高次応答制御学講座 生体システム学分野 教授 アステラス病態代謝研究会の申請書の評価をしていて、気づくことがある。申請内容の研究は多岐にわたる。私の専門分野を超えた研究も多く含まれる。 そうした申請書の中で、美しい文章に出会うことがある。美しい文章にはリズムがある。まるで音楽を聴いているよう。申請者の夢がリズムに乗って浮き上がる。いや、踊っている。 リズムが私の心臓の鼓動に共鳴し、不思議とうれしい気持ちになる。そうした申請書に時々であうことがあると、読んだ後に何ともいえない清涼感が余韻としていつまでも残る。
学術委員 別役 智子
慶應義塾大学 医学部 教授
学術委員:別役 智子 慶應義塾大学 医学部 教授 今の日本に最も必要なもの、それは若者のエネルギーと国際的発信力だと思います。 今、臨床の現場で当たり前のように使われている検査法、治療薬、どれをとってもすべて先人の基礎から積み上げた研究の賜物です。 それを享受し日々の医療を実践するのみならず、よりよい未来の医学の発展に貢献したいという情熱を持ってほしいと期待します。 既存の概念や枠にとらわれず自由な発想で、国際的にオリジナリティを発信していけるような研究をぜひ応援したいと思います。
学術委員 舛森直哉
札幌医科大学 大学院医学研究科 泌尿器科学 教授
札幌医科大学付属病院 泌尿器科 教授
学術委員:舛森直哉 札幌医科大学大学院 医学研究科 泌尿器科学 教授 札幌医科大学付属病院 泌尿器科 教授 2012年より本財団の新規学術委員の一人として研究助成・海外留学補助金の選考にあたらせていただいております。 「独創性、先駆性が高い萌芽的研究提案を支援する」との基本方針のもとで審査しておりますが、泌尿器外科医との小生の立場から、 特に臨床研究関係の領域からの多くの応募と受賞を期待しております。本助成金が質の高い臨床研究を遂行する上での一助となるとともに、 受賞のお知らせが先生方の勲章の一つとなれば幸いです。
学術委員 南雅文
北海道大学 大学院薬学研究院 医療薬学分野 薬理学研究室 教授
学術委員:南 雅文 北海道大学大学院 薬学研究院 医療薬学分野 薬理学研究室 教授 当財団では、「独創性、先駆性が高い萌芽的研究」、なかでも、「女性研究者」や「教室を立ち上げたばかりの研究者」を支援したいと考えています。 私としては、特に、「教室を立ち上げたばかりの研究者」を支援することは、その教室で学ぶ「研究者の芽」を支援することでもあり、将来多く木々が育っていく手助けとなるものと考えています。 私自身も北海道大学に赴任し研究室を立ち上げる際に当財団の研究助成金をいただき、今は、それに報いるためにも若い研究者を育てていこうと日々努力しています。 京都大学から北海道大学に異動し、教員・学生の出張のみならず、購入した実験動物の運搬にまで、京都にいるときよりも多くの費用がかかることを知りました。 私としては、「地域性」も考慮して審査にあたりたいと考えています。
学術委員 柳田素子
京都大学 大学院医学研究科 腎臓内科学 教授
京都大学医学部附属病院 腎臓内科 科長
学術委員:柳田素子 京都大学大学院 医学研究科 腎臓内科学 教授 京都大学医学部附属病院 腎臓内科 科長 私自身、7年前に独立した時は、新しいプロジェクトを始めたばかりで論文も研究資金もありませんでした。そんなとき、初めていただいたのがこの助成金です。 この助成金は難関だと聞いていましたので、とても誇らしく、またご支援くださった選考委員の先生方に深く感謝したことが、研究を続ける上での支えになってきました。 このたび思いがけず選考委員に加えていただき、当時の選考委員の先生方が、その後ずっと見守ってくださっていたことを知り、感動をあらたにいたしました。 私たち研究者は、申請書や論文を通じて自分を表現し、人とつながっていくことができます。皆さまの積極的なご応募をお待ちしております。
またアステラス病態代謝研究会には、研究費のご支援をいただいたのみならず、選考委員に加えていただき、委員の先生方のお話を伺う機会をくださいましたことに、深く感謝いたします。
学術委員 山下敦子
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 構造生物薬学 教授
学術委員:山下 敦子 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 構造生物薬学 教授 私の周りでも多くの優秀な先輩方が受賞されていた病態代謝研究会の助成金。選考委員に加えていただき、その理由の一端がわかった気がしました。 委員会ではいつも、委員一同、それぞれの分野・それぞれの立場から、どのような研究を、そしてどのような研究者を支援するべきなのか、真摯な議論が交わされています。 そしてその議論がどんどん次の選考プロセスにフィードバックされています。
キラリと光る、独創的な研究計画をお持ちの先生方、希望を胸に留学をお考えの先生方、ぜひその大切なアイデアを研究会にお寄せ下さい。 これから芽を出そうとするその研究が、いつか花を咲かせ豊かな実りをもたらしますよう、そして少しでもそのお手伝いができますよう、選考委員として真摯に力を尽くしたいと考えています。 共にがんばりましょう。
学術委員 山下俊英
大阪大学 大学院医学系研究科 教授
大阪大学 大学院生命機能研究科 教授
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 教授
学術委員 山下俊英 大阪大学 大学院医学系研究科 教授、大阪大学 大学院生命機能研究科 教授、大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 教授 選考委員を拝命しまして、責任の重さを感じております。個人的には、萌芽期の独創的な研究を特に支援していきたいと考えています。そのために、私自身が申請書から学び、研究の重要性や発展性を理解するために努力したいと思っています。申請を考えておられる皆様におかれましては、研究のアピールポイントを専門外の研究者にも良くわかるよう記載していただけますようお願いいたします。この支援が実を結んで、さらなる研究の発展に役立つことを願っております。
学術委員 山本一夫
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 医薬デザイン工学分野 教授
学術委員:山本一夫 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 医薬デザイン工学分野 教授 研究を取り巻くさまざまな制度の改変や社会情勢の変化から、研究者不在の世代を作るのではないかと危惧する声があります。 その一方で、毎年増加をたどる数多くの申請書に触れるたびに、これらの心配は杞憂であると実感します。 斬新なアイディア、深い考察に基づく仮説、チャレンジングな試みなど、研究の魅力を知っている人の、研究に対する熱い想いを感じ取ることができます。 本財団は、そのような提案1つ1つが大きな成果に繋がることを願い、エールを贈り続けています。皆様の、これぞ!という提案をお待ちしています。
学術委員 若槻壮市
米国SLAC国立加速器研究所光科学部門 教授 生物学部門ディレクター
スタンフォード大学医学部構造生物学科 教授
学術委員:若槻壮市 米国SLAC国立加速器研究所光科学部門 教授 生物学部門ディレクター スタンフォード大学医学部構造生物学科 教授 国内外の研究環境が多く変化しつつある中で新しい研究を展開されようとするとき、将来への掛け渡しとなる個人研究を重視するアステラス病態代謝研究会の研究助成、海外留学助成制度は国際的に見ても非常に貴重な制度です。 過去に助成を受けた方々の多くが研究の結実とともに各分野のリーダーとなるだけでなく、本研究会の理事、学術委員となった方も多くおられます。 海外に出て活躍する若手日本人研究者の数が減少しつつあると言われていますが、私のいる米国西海岸で見ている限り、皆さん将来を見据えて元気に研究に勤しんでおられます。 立場、場所を変えて研究をすることで新たな視点も生まれて来ます。ご自分のアイデア、アイデンティティーを大切にした研究を応援したいと思います。

このページの最初へ戻る このページの最初へ戻る