ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

アステラスリサーチテクノロジー株式会社

ここから本文です

アステラスリサーチテクノロジー株式会社 行動計画

引き続き、社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、以下のとおり、第4回目の行動計画を策定しましたので公表いたします。

計画期間

平成30年4月1日〜平成32年3月31日まで

内容

目標1:

両立支援制度の周知を図るとともに、社員の両立支援制度の利用状況を把握する。また、制度利用者に対して情報提供を行う。

<対策>

  • 社内HPに掲載している両立支援制度の情報および説明資料を定期的に更新し、制度周知を図る。
  • 各種制度の利用状況について現状を把握する。
  • 両立支援制度を利用しようとする社員に対して、制度の説明や情報提供を行い、利用しやすいように支援を行う。

目標2:

働き方に対する意識改革を推進し、ワークライフバランスのとれた雇用環境を整える。

<対策>

  • 年次有給休暇の取得日数を、一人当たり平均14日以上とする。
  • 有休取得状況を把握し、組織長と共有する。必要に応じ個別にヒアリングを実施し、働き方に対する意識改革を図る。

*参考

今後も、社員が仕事と生活の調和を図り、個々の強みを活かし、いきいきと働き続けることができる職場環境作りを推進してまいります。

次世代育成支援対策推進法とは

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成17年から10年間で集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。
(法の有効期限が平成37年3月31日まで延長されました)

一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。


2回目の「次世代育成支援対策推進法」 くるみん認定マークを取得しました!

アステラスリサーチテクノロジー株式会社は、2015年5月15日付で厚生労働省茨城労働局より、次世代育成支援対策推進法に基づく基準適合一般事業主に認定され、くるみん認定マークを取得しました。
くるみん認定マークの画像 今回の取得は、2013年4月の認定に引き続き2回目となります。

今回は、2013年3月11日〜2015年3月31日を計画期間として策定した以下の目標に対して、その実績が評価されたものです。

目標

育児関連制度を利用しやすい環境作りのため、年に2回組織長に対する研修を行う。

実績

制度を利用しようとする社員に対して適切な助言や対応ができるように、計画期間に4回、「母性健康管理措置」「育児休業制度」「介護休業制度」など、毎回テーマを変えて組織長に対する研修を行いました。

  • 女性の育児休業取得率  100%
  • 男性の育児休業取得者  1人(育児休業取得期間:4ヶ月)

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり