人権の尊重

アステラスは、「アステラス企業行動憲章」に、全社員の人権・人格・個性を尊重すること、国際ルールや現地の法令を遵守するとともに、多様な文化・習慣を尊重することを明記し、全世界のグループ会社で人権の尊重の重要性を共有しています。この人権尊重の考えに基づき、社員の人権の尊重、児童労働・強制労働の禁止、雇用機会の均等、能力向上機会の提供、社員の健康と安全、ハラスメントの防止などについて、グローバルで定めた行動規準に記載しています。

アステラスでは、人権の尊重を徹底するために、社員への研修を実施するだけでなく、社内外の窓口にヘルプラインなどを設置し、課題に迅速に対応できる仕組みを整備しています。また、書面のアンケート調査で、 各国のグループ会社における職場の人権に関連する課題認識や取り組み状況を確認しています。2016年3月期は、人権に関わる喫緊の課題や各国共通の課題は報告されませんでした。

安全衛生

企業活動における社員の安全確保は、経営にとって欠くことのできない要件です。働きやすい職場の提供とともに、CSR経営を支える社員というステークホルダーに対するアステラスの大きな社会的責任と考えています。