マルホ株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:高木幸一、以下、「マルホ」)と、アステラス製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長CEO:畑中好彦、以下、「アステラス製薬」)は、アステラス製薬が有するアトピー性皮膚炎治療剤「プロトピック®軟膏0.1%」及び「プロトピック®軟膏0.03%小児用」(一般名:タクロリムス水和物、以下、プロトピック®軟膏)の日本における製造販売承認を2017年10月1日付けでマルホが承継することとなりましたので、お知らせします。

プロトピック®軟膏は抗炎症作用を有するアトピー性皮膚炎治療剤として、1999年6月に世界に先駆けて日本で承認され、同年11月に藤沢薬品工業(現アステラス製薬)から発売されました。現在、世界75ヵ国以上*で使用されています。マルホは、2011年4月よりプロトピック®軟膏の国内におけるプロモーション活動を受託し、2014年4月からは販売を受託しています。2017年10月以降は、マルホがプロトピック®軟膏の製造販売元として情報の提供と収集を行い、製品の安定供給を実施してまいります。
*日本以外の地域については、2016年4月にアステラス製薬がLEO Pharma社に譲渡。

皮膚科学領域に特化するマルホは、プロトピック®軟膏の製造販売承認の承継を通じ、より一層アトピー性皮膚炎に悩む患者さんに貢献できるよう取り組んでまいります。

以上

プロトピック®軟膏について
プロトピック®軟膏(一般名:タクロリムス水和物)はステロイド外用剤とは異なる作用機序を有するアトピー性皮膚炎治療薬です。1999年に「プロトピック®軟膏0.1%」、2003年に「プロトピック®軟膏0.03%小児用」が承認され、世界75ヵ国以上で使用されています。

アステラス製薬について
アステラス製薬株式会社(https://www.astellas.com/ja)は、東京に本社を置き、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げる製薬企業です。既存の重点疾患領域である泌尿器、がん、免疫科学、腎疾患、神経科学に加えて、新たな疾患領域への参入や新技術・新治療手段を活用した創薬研究にも取り組んでいます。さらには各種医療・ヘルスケア事業との融合による新たな価値創出にも挑戦しています。アステラス製薬は、変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変えていきます。

マルホ株式会社について
マルホ株式会社は大阪市北区に本社を置く、医療用医薬品等の研究·開発·製造·販売を行う製薬企業です。創業は1915年、従業員数は1,398人(2016年9月末)です。 2016年9月期の売上高は700億7千4百万円でした。 “Excellence in Dermatology”を長期ビジョンとして掲げ、皮膚科学領域での卓越した貢献を目指しています。
マルホ株式会社についての詳細はwww.maruho.co.jpをご覧ください。

お問い合わせ先
マルホ株式会社 コーポレート·コミュニケーション部
TEL:06-6371-8831
HP: https://www.maruho.co.jp

アステラス製薬株式会社 広報部
TEL:03-3244-3201
HP: https://www.astellas.com/ja