ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

患者さん・ご家族の皆さま なるほど病気ガイドへのリンク

ここから本文です

機能性ディスペプシア(FD)

  • Topへのリンク
  • まずはチェックへのリンク
  • 病気の基礎知識
  • Q&Aへのリンク
  • 食消化管(食道・胃・腸)の症状と病気へのリンク

1.どんな病気?

機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれなどのつらい症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても異常がみつからない病気です。

機能性ディスペプシアってどんな病気?

機能性ディスペプシア(FD :functional- dyspepsia)とは、胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がみつからない病気です。生命にかかわる病気ではありませんが、つらい症状により、患者さんの生活の質を大きく低下させてしまう病気です。

主な症状は「つらいと感じる食後のもたれ感」「食事開始後すぐに食べ物で胃が一杯になるように感じて、それ以上食べられなくなる感じ(早期飽満感)」「みぞおちの痛み(心窩部痛;しんかぶつう)」「みぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感;しんかぶしゃくねつかん)」の4つです。
日本人の4人に1人は機能性ディスペプシアを持っているという調査結果もあり、決して珍しい病気ではなく、誰もが罹患する可能性のある病気です。

この「機能性ディスペプシア」という病気の概念は、近年になって新しく確立したものです。それまでは、機能性ディスペプシアの患者さんの多くは「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていました。本来「胃炎」とは、胃の粘膜に炎症が起きている状態を表す言葉です。ところが、胃炎があっても症状があるとは限らず、逆に症状があっても胃炎が認められないことも多々あります。そこで、症状があってもそれを説明できる異常がさまざまな検査でも認められない場合、胃に炎症があるなしにかかわらず「機能性ディスペプシア」と呼ばれるようになりました。

注)機能性疾患
:内視鏡検査などで症状の原因となる異常がみつからないにもかかわらず、臓器や器官などのはたらきが悪くなる病気を示します。
  ディスペプシア
:ディスペプシアとは消化不良を意味しますが、「機能性ディスペプシア」におけるディスペプシアとは、胃や十二指腸における痛みやもたれなどのさまざまな症状を示します。
機能性ディスペプシアの主な症状
機能性ディスペプシアってどんな病気?のイメージ画像です。

機能性ディスペプシアの種類

機能性ディスペプシアは、よく起こる症状によって大きく2つのタイプに分けられます。ただし、両方のタイプの症状が重なって起こったり、日によって感じる症状が変わったりすることもあり、どちらのタイプであるかはっきり分けられない場合も多くあります。

食後愁訴症候群(PDS)

食後のもたれ感早期飽満感が週に数回以上起こるタイプです。

心窩部痛症候群(EPS)

みぞおちの痛み(心窩部痛;しんかぶつう)やみぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感;しんかぶしゃくねつかん)が起こりやすいタイプです。これらの症状は、食後愁訴症候群(PDS)と異なり食後だけでなく空腹時に起こることもあります。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報